1. u『ハーバード医学教授が教える健康の正解』サンジブ・チョプラ著を読んだ。

たった5つだけの健康習慣についてを臨床データをもとに勧めている本である。

ものすごくシンプルである。

「気持ちよく晴れは日には、お気に入りの喫茶店まで早足で歩きましょう。コーヒーを味わい、小腹が空いたら1つかみのナッツをどうぞ。」
P.5より引用

運動して日光を浴びてビタミンDを合成してコーヒーを飲んでナッツを食べる。

これに瞑想を入れて5つ。

これだけで良いという内容である。

シンプルすぎて笑えるけど生活習慣としてはこれぐらいならすぐに取り入れられる。

内容を紹介するまでもない。

本当にただこれだけなのである。

『ハーバード医学教授が教える健康の正解』サンジブ・チョプラ著〜シンプルで超絶ハードルの低い健康生活習慣を手に入れることができる本【書評】

この本のいいところ

コーヒーを飲む、ナッツを食べる、それぞれが臨床データをもとに健康に良いと紹介されている点である。

なになにの成分がこうだからというのではない。

あくまで臨床データ。

コーヒーを1日何杯以上飲むグループとそうでないグループと比較して、死亡率・虫歯の発生率・2型糖尿病のリスクなどが低いなどの生活習慣を紹介してくれている。

コーヒー・ナッツ・運動・瞑想・ビタミンDのなにがいいかはわからないけど、どうやら健康にいい生活習慣であると臨床データが言っているということである。

数多く発表されて研究のなかから、ハーバードでも高名で数々の功績がある教授が特に健康効果が高いと裏付けられている習慣を厳選してくれている。

それらを1,500円で教えてもらえるなんて!

こんなにありがたいことはない。

食事習慣

食事習慣に関しても言及しているがベストであるかは紹介されていない。

食べるものに対する体の反応がまちまちであるからだという。

健康的な食事が体によいことは疑問の余地はないが、唯一の問題は、「健康的な食事とは何か」ということだ。
P.258より引用

「パランスよくいろんな物を食べよう」と結論としていっている。

大切なのは”自分にあった食事”を知ることであると書いてある。

感想

本当にシンプルですぐに生活に取り入れることができる習慣である。

バランスのとれた食生活を送る。

そしてコーヒーの飲んで 運動して 日光を浴びて ナッツを食べて 瞑想するれば健康になる。

ただこれだけ。

(カフェインやアレルギーに関しては十分に気をつけるようにと書かれている)

わたしだってもうすでにやっている生活習慣もある。

これらの習慣がもし効果がないと研究で判明してもリスクがとても少ない。

生活習慣として誰しもがやっている習慣だからである。

シンプルにできる健康習慣。

本を読み終わった瞬間から行動できるとっても良い本である。

こんな記事も書いてます

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら