東京・浅草にある牛鍋の老舗「米久本店」に行ってきた。

1886年(明治19年)創業。

牛鍋が楽しめるお店。

すき焼きも牛鍋もどこが違うのかよくわからないが、すき焼きではなく牛鍋らしい。

創業100年越えの老舗店。

歴史の重みはすごい!

積み重ねることでしか出来ないことがある。

長くやることで「資産」を積み重ねて「売上」を追う経営から脱却しているのではないかと思った。

資産とは不動産などの決算書にのるものだけでない。

歴史とは目に見えないものの積み重ね。

これだけは時間をかけないと実現しない。

これがブランディングかと思った。

牛鍋も美味しく、たくさんの気づきがあったお店「米久本店」を紹介してみよう。

外観

牛鍋

▽ 牛脂をひいて

▽ 最初だけおねーさんが作ってくれる

▽ 「トク」の肉

▽ 「上」の肉

メニューのシンプルさに驚いた

メニューのシンプルさに驚いた。

バリエーションはあるものの基本的にメニューは1つだけ。

これだけしか出さないのであれば、オペレーションはよくなるしロスもなくなるだろう。

オペレーションが良くなればお客様をお待たせしない。

ロスがなくなればいつでも新鮮なものが出せるし、在庫管理が楽になり原価もコントロールしやすくなるに違いない。

1点に集中する。

尖れば尖るほど普遍的になる。

牛鍋といえば米久。

そうやってわたしも尖っていきたいもんだ!

まとめ

メニューのシンプルさとは対象的に無駄もたくさんある。

店舗前のショーケースとか意味不明である。

なんのお土産かわからないが包みが陳列してある。

なぜかダミーの樽もショーケースに入っている。

扉を開けると下足番がいたりと無駄だらけである。

しかし、一見無駄なように見えても実はこれが歴史なのではないかと思う。

なんでもかんでも効率化して無駄を省くのが良い訳ではない。

いまお店づくりをしたら間違いなくこんなことはしない。

いや出来ないだろう。

まずもってこんな立地に店舗を構えることができない。

明治から続いているお店だからこそできる「文化」を感じられた。

一体、どんな決算になっているのだろう。

決算書をみる手立てはないものだろうか。

そんなことを思った、牛鍋の老舗浅草「米久本店」であった。

関連

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら