東京・神田「熟成ステーキ専門店 ステーキのB」〜カリッと焼けたリブロースで肉頭を満足させる。

東京・神田「熟成ステーキ専門店 ステーキのB」に行ってきた。

肉肉肉肉と頭の中が肉気分。

肉が食べたいなーと思っていたところにタイムリーにステーキという看板が目に入る。

「肉だ!」ということで迷わず入店。

カリッと焼けたリブロースに満足した。

ごちそうさまでした。

東京・神田「熟成ステーキ専門店 ステーキのB」〜カリッと焼けたリブロースで肉頭を満足させる。

利用日時

2018/10/16

1人でランヂタイム利用。

外観と内装

神田駅の北口付近。

カウンター10席ほどの小さなお店。

2人でまわしていた。

内装はシンプル。

ゆっくりステーキという感じではないが、居心地は悪くない。

食べてから気がついたが、ナイフ・フォークの黒い物体はエプロンだった。

熟成リブロース200g 2,500円を注文

ランチステートというのもあったが、いきなりステーキのランチステーキを注文して残念だったことがあるのでランチメニューは外す。

ライスなどはパスして肉単品。

サラダ・味噌汁・ライスなどは別料金であるようだ。

鉄板がジュージュー。

プチパンにステーキソースが入っていて、鉄板で煮詰めながら食べて欲しいとのこと。

素直に従う。

甘みがあるステーキソース。

個人的な好みとしてはもう少しさっぱりしている方が好きかな。

カリッとした焼け具合でうまい。

実は熟成肉の良さってよくわからないのである。

熟成することでアミノ酸の量が増えて旨味が増す。とか理屈は知っているが違いがわからない。

熟成している肉としていない肉。

なにが違うのだろうか、、誰か教えて欲しい。

まとめ

期間限定でステーキの食べ放題とかやっていた。

ステーキ食べ放題かー。

ステーキってどのくらい食べることができるのだろうか。

それはいいとして。

サラリーマンの町神田は時間内に素早くランチを食べなくてはならない。

システマチックに素早く料理がだせるように工夫しているように見えた。

実際、わたしがオーダーしたステーキも5分少々で出てきた。

夜はどんな感じなんだろうか。

ワインなどの飲み物も数種類用意してあって力をいれているようだ。

きっと夜は飲ませたいんだろうな。

いつか機会があったら夜に熟成肉の探求をしてみよう。

東京・神田「熟成ステーキ専門店 ステーキのB」はこちら

関連ランキング:ステーキ | 神田駅淡路町駅小川町駅

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山充
    “二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト”
    ・社員との関係が上手くいかない・先代と意見が合わない・財務の事がわからない・自分のやっている事に自信が持てない・そもそも経営していても楽しくない・誰かに相談したいけど誰もいない
    全部わたしが20年間後継者として悩み、困ってきた事です。それらを解決する突破口は「やり方」に問題があるのではなく、まずは「あり方」を整える事でした。同じようなお悩みをもつ後継者社長さん、ご興味があれば是非ともお問い合わせください。まずはお話を伺います。

    二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト/バイカー/ソロキャンパー/ビリーフリセット協会®︎認定カウンセラー/株式会社はるやま代表取締役/1977年創業錦糸町ろばた焼き海賊経営

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。