東京・神田「熟成ステーキ専門店 ステーキのB」に行ってきた。

肉肉肉肉と頭の中が肉気分。

肉が食べたいなーと思っていたところにタイムリーにステーキという看板が目に入る。

「肉だ!」ということで迷わず入店。

カリッと焼けたリブロースに満足した。

ごちそうさまでした。

東京・神田「熟成ステーキ専門店 ステーキのB」〜カリッと焼けたリブロースで肉頭を満足させる。

利用日時

2018/10/16

1人でランヂタイム利用。

外観と内装

神田駅の北口付近。

カウンター10席ほどの小さなお店。

2人でまわしていた。

内装はシンプル。

ゆっくりステーキという感じではないが、居心地は悪くない。

食べてから気がついたが、ナイフ・フォークの黒い物体はエプロンだった。

熟成リブロース200g 2,500円を注文

ランチステートというのもあったが、いきなりステーキのランチステーキを注文して残念だったことがあるのでランチメニューは外す。

ライスなどはパスして肉単品。

サラダ・味噌汁・ライスなどは別料金であるようだ。

鉄板がジュージュー。

プチパンにステーキソースが入っていて、鉄板で煮詰めながら食べて欲しいとのこと。

素直に従う。

甘みがあるステーキソース。

個人的な好みとしてはもう少しさっぱりしている方が好きかな。

カリッとした焼け具合でうまい。

実は熟成肉の良さってよくわからないのである。

熟成することでアミノ酸の量が増えて旨味が増す。とか理屈は知っているが違いがわからない。

熟成している肉としていない肉。

なにが違うのだろうか、、誰か教えて欲しい。

まとめ

期間限定でステーキの食べ放題とかやっていた。

ステーキ食べ放題かー。

ステーキってどのくらい食べることができるのだろうか。

それはいいとして。

サラリーマンの町神田は時間内に素早くランチを食べなくてはならない。

システマチックに素早く料理がだせるように工夫しているように見えた。

実際、わたしがオーダーしたステーキも5分少々で出てきた。

夜はどんな感じなんだろうか。

ワインなどの飲み物も数種類用意してあって力をいれているようだ。

きっと夜は飲ませたいんだろうな。

いつか機会があったら夜に熟成肉の探求をしてみよう。

東京・神田「熟成ステーキ専門店 ステーキのB」はこちら

関連ランキング:ステーキ | 神田駅淡路町駅小川町駅

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら