鹿児島・「鹿児島ラーメン 豚トロ」に行ってきた〜濃厚スッキリスープと豚トロチャーシューが激ウマであった

鹿児島・天文館のアーケード街にある「鹿児島ラーメン 豚トロ」に行ってきた。

わたしは普段、胃にもたれるのでラーメンは食べない。

そんなわたしでも濃厚たけど、胃にもたれずに完食できたラーメンであった。

そんな鹿児島ラーメン 豚トロ紹介してみよう。

利用日時と利用動機

2018/06/11のお昼どき。

鹿児島出身の社員と2人で。

社員おすすめのラーメン店である。

外界

▽ 洒落た感じの外観。

▽ 店内も明るくいい感じ。

女性のお客様もいた。

まだ早い時間だったので店内は比較的空いていた。

豚トロラーメン

1番シンプルな「豚トロラーメン」を選択。

750円なり、食券制である。

▽ はい、いらっしゃいました。

小ぶりな器である。

▽ 麺はこんな感じ。

スープは濃厚だけどクセがなくスッキリとしている。

焦がしたネギの香りがいい感じである。

▽ このチャーシューがまさに豚トロである。

口に入れるとトロトロと溶けてしまう感じ。

これは美味い!

▽ 豚トロのひみつ

▽ 大根の漬物。

東京ではあまり見かけない気がする。

甘酸っぱくて口直しにちょうど良い。

▽ わたし達が出る頃には並ぶ人達もいた。

やはり人気店であるようだ。

まとめ

濃厚スッキリスープのラーメン店。

クセがなく食べやすい。

そしてなにより豚トロチャーシューが激ウマであった。

店舗情報

住所:〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町11−17

電話:099-226-7755

営業時間:10時30分〜21時00分

こんな記事も書いてます

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山充
    “二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト”
    ・社員との関係が上手くいかない・先代と意見が合わない・財務の事がわからない・自分のやっている事に自信が持てない・そもそも経営していても楽しくない・誰かに相談したいけど誰もいない
    全部わたしが20年間後継者として悩み、困ってきた事です。それらを解決する突破口は「やり方」に問題があるのではなく、まずは「あり方」を整える事でした。同じようなお悩みをもつ後継者社長さん、ご興味があれば是非ともお問い合わせください。まずはお話を伺います。

    二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト/バイカー/ソロキャンパー/ビリーフリセット協会®︎認定カウンセラー/株式会社はるやま代表取締役/1977年創業錦糸町ろばた焼き海賊経営

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。