スペイン食堂「エルペケーニャ」という浅草橋にできたスペイン料理屋さんに行ってきました。

場所はJR浅草橋、西口を降りてすぐのところ。

いつの間にできたのか、スペインの旗が目に入ったので、どれどれと見に行った。

地下の店で入っていくのに勇気がいたけど、勇気をだして入ってみた。

わたしの心配をよそに、可愛らしい女性スタッフが迎えいれてくれた。

スペイン食堂 エルペケーニャを紹介してみよう。

店舗入口

▼ 間口は少々狭くて降りていくのに勇気がいた

▼ 可愛らしい行灯が目印

▼ メッセージボード

▼ 可愛らしいマット

店内の様子

ステンドガラスの作品などあっていい感じ。

▼ 階段の下でお出迎え

店内は天井が高くて、地下とは思えない開放感。

他のお客様がいたので店内は撮影していない。

席はカウンターとテーブル、ソファー席があり全部で20席くらいか。

キツキツではなくいい感じである。

タバコは、入り口脇のスペースが喫煙スペース。

タバコを吸わないわたしとしては嬉しい環境である。

料理

▼ イワシのプランチャー

▼ エゾ鹿のソーセージ

▼ パエリアも美味しかった。

▼ このイカ焼きが超絶美味しい。

おしゃれイカ焼き。

▼ この日飲んだワイン。

スタッフ

ご夫婦で営業されている。

接客を受け持つ奥様は笑顔がとってもチャーミングな女性。

わたしは1人で飲みにいく事が多い。

そうすると店員さんが気を使って話しかけてくることがある。

わたしはどちらかというと人見知りで、あまり話しをしたくないタイプである。

酒が入るとペラペラしゃべるけど、、。

そんなわたしでも最初から楽しく会話をすることができた。

人に気を使わせない、肩の力が抜けた接客がいい感じである。

旦那さまがシェフをやっている。

職人って感じの人。

厨房はピカピカでとっても清潔感がある。

最初はとっつきにくい感じの人かと思っていた。

慣れてきたら話しをしてくれるようになった。

帰るときには厨房からわざわざ出てきてくれて挨拶をしてくれる。

そんなお二人はとってもいい感じなのである。

まとめ

スペイン料理ってあまりなじみがなかった。

スペバルに行ったことがあるくらいのものだった。

こちらはしっかりとした、ボリュームで味付けもいい。

シェフの腕もいいし、接客も自然体で心地よい。

浅草橋にいい店ができてよかった。

スペイン食堂「エルペケーニャ」おすすめである!

スペイン食堂「エルペケーニャ」の店舗情報

住所/東京都台東区浅草橋1‐26‐1 YMKビル B1F

電話/050-5594-8812

営業時間
[月~金]
11:30~15:00(L.O.14)
17:30~23:00(L.O.22)
[土・祝]
12:00~15:00 (L.O14)
17:00~22:00(L.O.21)

定休日/日曜日

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら