わたしのお店、東京・錦糸町「ろばた焼き 海賊」では常連のお客様をえこひいきしている。

オリジナルの会員カードシステムを使って、通えば通うほどお得になる仕組み。

ゴールド会員さま特典として、儲けなしの原価メニューを提供している。

今回ご紹介するのは「京鴨」。

どんな料理になるのかをご紹介しよう。

京鴨ってなに

京都にある山城農産という会社のブランド鴨だそうだ。

柔らかくて、鴨独特の臭みがないのが特徴。

飼料と飼育環境にこだわっているそうだ。

京鴨のロースト・ニンニクソース

軽く焼いた京鴨のもも肉に温かいニンニクソースをかける。

柔らかい食感が楽しめる。

席でソースかけて仕上げをする。

ニンニクが効いて激ウマ!

990円(税込)

京鴨の柳川風

京鴨を柳川風にした。

こちらも山椒が効いていい感じ。

480円(税込)

まとめ

京鴨というのを初めて食べた。

確かに臭みがなくて、柔らかく食べられる。

ビールに合うし、日本酒にも合う。

鴨の美味しさを発見した。

他にもこんなメニューやりました

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら