ろばた焼き海賊の社員旅行記その2〜信州そばうち道場でそば打ち体験

平日の中途半端な時間、しかも下りだから大丈夫だろうとたかをくくっていたら、見事に都内を抜けるまで渋滞。

高速の渋滞を抜けて、談合坂PAで休憩。

そば打ち体験を予定している「株式会社 高山製粉」直営の信州そば打ち道場に向かった。

渋滞のせいで予約時間に遅刻してしまいそう。

安全運転、法定速度でぶっ飛ばした。

到着

なんとか、10分遅れくらいで到着。

おっと、ウェルカムボード嬉しい!

みんなでエプロンつけて、帽子かぶってそば打ち体験開始。

まず始めに、高山製麺の社長さんからそば粉のお話を聞く。

その後、講師の先生に説明してもらいながら順番に進んでいく。

そば粉をふるいにかける。

水を少しづついれて混ぜていく。

こねる

表面をすべすべにしていく

空気を抜きながら三角すいにする。

楽しそうである。

麺棒を使って少しづつ大きくしていく。

そして角をつくって四角にしていく。

伸ばしすぎて穴があいた!

打ち粉をうって。

そば切包丁で切っていく。

そば切包丁って重いのね。

はい!出来上がり

約1時間くらいの工程。

そして各自茹でて試食

うどんみたいになっているのもいるがなんとかお蕎麦になった!

一人撮り忘れ!

先生どうもありがとうございました。

そば打ち体験はこちら

ろばた焼き海賊社員旅行記その1・その3はこちら

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。