東京・錦糸町「ろばた焼き海賊」社員旅行記その6〜映画「君の名は。」で一躍有名になった立石公園で滑り台

ろばた焼き海賊の社員旅行も2日目である。

朝ごはんを食べて東京に帰る前に折角だから観光をして帰りましょう。

今回わたしはスケジュールに関しては全くノータッチ。

やった事は宿とそば打ちの手配だけ。

あとは言われた通りに運転しただけ。

どこに連れていかれるのだろうか。

映画「君の名は。」で有名になった立石公園で滑り台で遊ぶ

とりあえず洒落たロビーでハーブティーなんて飲んでから出発。

宿の前で集合写真。

まずは立石公園へと向かう。

ここは大きな滑り台と、展望台がある公園である。

映画「君の名は。」は諏訪湖が舞台ではないかと言われている。

映画のヒットで観光客が増えたそうだ。

あとからネットを見て知った情報だけど。

そんな事も知らずにいい大人が滑り台で喜ぶ。

楽しそうである。

諏訪湖が一望できる。

広々としてゆっくり出来る公園である。

諏訪「高島城」

築城当時は城の際まで諏訪湖が迫っていて、別名「諏訪の浮城」と呼ばれていたそうだ。

その後に干拓で諏訪湖は狭くなっていき現在の姿になった。

当時の風景は浮世絵で残っている。

こじんまりとしたお城でなかなか雰囲気が良い。

適当に天守閣登ったりして楽しんだ。

こんな写真撮ってみた。

小腹が空いたのでコンビニで買い食い

おっと、ライザップのチーズケーキなんであるんだ。

なかなか美味しい。

ここまでのまとめ

公園からお城へと散歩のようなコース。

東京をはなれてゆっくりできるのはとてもいい。

例年だとこういうスケジュールも全部わたしが考えていた。

今回は全部任せて、わたしは好きな事を言って運転していただけ。

結果的にわたしも気が楽だし、社員達も自分たちで決めたことだから楽しそうである。

来年もこのシステムでいこう。

このあと、ガラス里という施設でガラスのハンコ作ってお昼食べた。

最後に諏訪大社に寄って一路東京へと。

以前の社員旅行記はこちら

高島城はこちら

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山充
    “二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト”
    ・社員との関係が上手くいかない・先代と意見が合わない・財務の事がわからない・自分のやっている事に自信が持てない・そもそも経営していても楽しくない・誰かに相談したいけど誰もいない
    全部わたしが20年間後継者として悩み、困ってきた事です。それらを解決する突破口は「やり方」に問題があるのではなく、まずは「あり方」を整える事でした。同じようなお悩みをもつ後継者社長さん、ご興味があれば是非ともお問い合わせください。まずはお話を伺います。

    二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト/バイカー/ソロキャンパー/ビリーフリセット協会®︎認定カウンセラー/株式会社はるやま代表取締役/1977年創業錦糸町ろばた焼き海賊経営

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。