毎日、ルナサンダルで走っている。

ルナサンダルというのは、ビーサンのような見た目のランニングサンダル。

なんで、そんな変なもの履いて走っているのかというと。

トレーナーの影響がまずもって一番大きい。

「自分の力で走る」

「早く走るより強く走る」

みたいな考え方に惹かれているのだと思う。

自分を強くしたい願望って、男なら多かれ少なかれみんな持っているのではないでしょうか。

わたしの場合、走ることに関しては原点回帰みたいな考え方にいってしまったのではないかと思っています。

クッションが全くない状態がら、ランニングシューズを履いたらどんな感じになるか。

試してみたくなり久しぶりにランニングシューズでランニングしてみました。

adidas takumi sen boost2について

このシューズは2017年の東京マラソンでサブ4(フルマラソン4時間切り)を達成した思い出のランニングシューズ。

▲ 軽くてとってもいいシューズ。

なんでこのシューズにしたのかというと、トレーナーに相談したら「なるべくソールが薄いものがオススメ」と言われたから。

ショップでいろいろ見てみたところ。

①デザインが気に入った。

②箱根駅伝で活躍している青学で採用られているというセールストークにやられてしまった。

この2点で購入決定。

▲ 赤丸の所、足前部に高反発性能のBOOST™ フォームというのが入っている。

つま先にかけて緩く弓なり。

▲ つま先には、タイヤメーカーのコンチネンタルが供給している。

滑りにくく、蹴り出しやすいという素材が貼ってある。

踵にはまた、別の素材で耐久性を高めているということ。

真ん中の赤いところは、ボツボツしていて滑りどめになっている。

▲ 重量315g

▲ 一番最初に履いていたエントリーモデルのシューズが550gだったので相当軽い。

実際に履いた感想

着地からつま先の蹴り出しまで、自然に靴が手助けしてくれる。

ルナサンダルや素足だと自分の力で「エイやっ!」と足の力を全部使わないと前に進まない。

大げさに言えば「電動アシスト自転車」と「普通の自転車」みたいな感覚。

少しの力でスッと前に進む感じ。

adidas公式HP

ちなみにルナサンダル

▲ 重量205g

▲ ソールはビブラムという登山靴から革靴までソールを供給しているメーカー。

こんだけ。

ルナサンダル公式HP

まとめ

実際のところランニングシューズを履いて走ったら、ルナサンダルではありえない速度で走れた。

ルナサンダルでは頑張って1km/5分くらいのペースが、今日は1km/4分30秒ペースで走ることができた。

心肺機能が追いつかなかった。

足の負担も格段に低い。

ものすごく良い!

でもランニングシューズで走っている時には、それに気がつかなかった。

足を着けば前に出るのが当たり前な事なので。

ルナサンダルで「自分で走る」という感覚が身についたからこそ気がついたのだと思います。

ルナサンダルて走るということは、足の裏、足首、ふくらはぎとそれぞれ別のパーツを使って前に進む感じ。

ランニングシューズは、ランニングシューズを起点に一つのパーツになって足全部を使って進むような感じ。

うーん。

上手く言えない自分がもどかしい。

ルナサンダルで学んだ走り方でランニングシューズを履いたら、ものすごく速く・気持ちよく走ることができましたと言う事で(笑

もう一本いかがでしょうか

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら