頭痛が酷くてヘッドスパに行ってきた日〜寄り添うコンサルを目指す「炉端焼き海賊」社長の日常【2019/01/25編】

まだ頭痛になやまされています。

右目の奥と首筋が痛くて痛くて、、。

睡眠も多めにとったのですが、今ひとつ改善しません。

これは人の手を借りるしかない。

と言う事で、マッサージに行くことにしました。

お友達の内田さんのところに行きたくて連絡したら予約でいっぱいとの事。

素晴らしい!

いい事です。

でもわたしは明日まで待てない。

今の今やって欲しいのです。

残念ながら今回は諦めです。

前々から気になっていたマッサージ屋さんを予約して行ってきました。

睡眠時間

9時間10分!!!

寝すぎです。

でも深い睡眠は2時間に達していません。

深い睡眠が長い時の方が起き抜けがスッキリしているように感じます。

そしてこんなに寝たのに頭痛がとれていません。

引き続き記録していきましょう。

本日の快適指数、星4つの117

100%以上があるんだ。

ランニング

走る気がしません。

おやすみ。

我が家のお出かけ儀式「火切り」

妻にお願いしてやってもらいました。

写真は無しです。

ヘッドスパ

「王様のひととき」

Re.Ra.Kuというマッサージ屋さんが監修したヘッドスパ専門店のようです。

「悟空のきもち」というお店が予約が取れないと有名なようですが、わたしは「今」なんとかして欲しいのです。

会えないアイドルより、会いにいけるアイドルです。

90分しっかりとやっていただきました。

やはり右目と首筋のコリが酷いそうです。

スターバックスでブログ

マッサージ屋さんのとなりにスタバがあったので、ソイラテ飲みながらブログ書きです。

目の痛みがぶり返してきてしまいました。

なにやってんだか、、。

まとめ

疲れがたまると頭痛がするのをなんとかしないといけませんね。

生産性が落ちるとかいう以前の問題で、なんにも出来なくなってしまいます。

瞑想をしたり、湯船に浸かったり、睡眠時間を確保したりと工夫していますが追いついていないようです。

定期的なマッサージなどのメンテナンスも必要なようです。

関連

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。