社員が言う事を聞かない!業績アップは社員の話しを聞く事からはじまる

わたしはお店にいくと、ついつい社員に口やかましく色々と言ってしまいます。

「床にゴミが落ちているから拾え!」

「お店の周りが片付いていないから整理しろ!」

「挨拶がなっていない!」

「身だしなみが整っていない!」

これがどうした!

あれはどうなったと!

とにかくうるさいのです。

言っている本人は衝動的に言ってしまうのです。

言ってしまった後で、どーんと落ち込みます。

落ち込むくらいなら言わなければいいのに言ってしまうのです。

そして言っていて、全然気持ち良くないです。

言われている社員たちも気持ちよくないでしょう。

なんで気持ちよくないことを言ってしまうのか

考えてみたところ、心配って気持ちが出てきました。

そう、わたしは怒っているのではなく心配をしていたのです。

なにからなにまで心配で心配でしょうがないのです。

お店が心配、社員が心配、お客様が心配。

とにかく心配なのである

この心配が曲者で、わたしは愛情表現のつもりなのだが社員にとっては迷惑でしかないです。

お店に行っては、ついつい小言を言ってしまいます。

社員は思うのです「また始まった、、」

こんな事を繰り返していれば、社員は聞く耳を持たなくなってしまいます。

わたしは社員が言うことを聞かないからと、イライラして余計に小言を言ってしまうのです。

社員は余計に聞かなくなる。

悪循環です。

この悪循環を断ち切るためにうちのお店では、わたしが話す日と、社員の話しを聞く日とそれぞれ持つようにしています。

1on1ミーティング

1on1ミーティングという社員の話しを聞く日を設けています。

社員とわたしとでサシで話しを聞く場です。

1on1については最近注目を浴びているようでたくさんの書物が出ています。

わたしが読んだのは「シリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング」かんき出版 世古詞一著

セミナーにも参加してきました。

うちの店の場合、30分を月に1回、部下の話しを聞く場を設けています。

やり始めた当初は、うまく行かなかったです。

話しを聞ききれずについつい口を挟んでしまうのです。

得意の小言モードです。

最近、傾聴というテクニックを学んでだいぶ聞けるようになったと思います。

ベクトル勉強会

こちらは週に1度60分、社長が話をする場です。

自社で作っているオリジナル経営計画書をもとにして社長の考えを話します。

経営計画書とは、会社の方針が数字と文字で書いてある教科書のようなものです。

書いてあることを噛み砕いてより詳しく説明していきます。

2018年12月で110回を迎えました。

こちらも最初の頃はちっとも上手くしゃべれなかった、さすがに回数を重ねるとだんだん上手になってきました。

まとめ

こんな事を地道に繰り返してきたおかげで、社内の人間関係がよくなってきていると感じています。

うちのお店は2016年12月を底にして売上がV字回復しました。

なんで売上が上がったのか、社長仲間から聞かれます。

わたしは社内の人間関係が良くなって、お店の雰囲気が良くなったからではないかと思っています。

メニュー・内装・料理は何も変えてないし。

変えたのと社員との人間関係だけだからです。

わたしとしては社員から話を聞く場をもっと持ちたいと思っています。

月一で30分は少な過ぎます。

できれば週一で30分聞きたいと思っています。

だが飲食店は、就業時間のほとんどが営業時間で、営業時間中はお客様が入ってくる事が前提です。

飲食店は、ただでさえ長時間労働の業種です。

これ以上時間をとるのは現実的に難しいと思います。

その中で協力してくれている社員に感謝です。

その社員達がもっと働きやすい環境をなんとか作っていきたいと思っています。

理想はみんなが楽しく働ける職場。

これも楽しく実現していきたいと思っています。

関連

セミナー開催

7月4日 14時から東京・浅草橋にて開催

部下からモテる、上司からもモテる、もちろん異性からもモテる。

そんな話の聞き方を学ぶミニセミナーを開催します。

モテて人生変えたいあなた、是非ともご参加下さい。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。