「何故に生きづらいのだろうか?」自己設定をみつけて納得するまでの道のり

ビリーフリセット®︎心理学講座の師匠である、大塚あやこさん(以下あやさん)のセッションを受けてきました。

わたしは自己肯定感が低くて、「いまの自分ではダメである」という思い込みがあるのを、今までの心の探求を通じてわかっていました。

ただ疑問というか何というか、漠然と自分が何に対して、いつからダメだと思っているのかが気になっていました。

だって産まれたときから無人島に一人で住んでいる人は、そもそも自己肯定感なんていう感覚すらないと思うんです。

何か対象があるから、比べられる訳です。

なので漠然と自分はダメだー、ダメだーと言っているけど、果たして自分は何に対してダメなんだろう。

友人?他の社長?全人類?

そこをハッキリとさせたいと思っていたのです。

誰に対して、何に対していつからダメだと思っているのか。

そこを突き止めることで、自分のダメ設定がリセットできるのではないか。

そんな事を思っていたのです。

そしてセッションを受けて発見しました。

自分はダメであると設定したのは、子供の頃に父親との関係性の中で、植え付けてしまったものが一番影響があったようです。

どんな事かといいますと、わたしは大嫌いだと思って父親にずっと反発していたのでが、実は大好きだったようです。

その大好きだった父親とタイプがあまりに違いお互いを理解できなかったのです。

少年だったわたしは、大好きな父親を嫌いになりたくない、自分も傷つきたくないと思い、自己設定を低くして問題を回避しようとしたようです。

今日は、何故にそんなややこしいビリーフ(思い込み)を持つようになったのかを説明します。

そのややこしい構造を理解したあとにどうしたのか、という話をしたいと思っています。

※ビリーフとは自分の頭の中で作りあげた思い込みの事です。このビリーフが心の悩みの根元であったりします。詳しくはまた別の機会に書きます。

親父は太陽 俺はゴミ虫

あやさんとのセッションをしていて、どのタイミングで誰に対して自分がダメであるかと発見をしました。

わたしは子供の頃に父親に対して、自分はダメであると設定したようです。

それを端的に表す言葉をセッション中にポロリといいました。

「親父は太陽で俺はゴミ虫」

これがわたしの持っていたビリーフ(思い込み)でした。

おいおい。

ゴミ虫って、、、。

でもこれはセッションをしている中でわたし自身で自分が言った言葉です。

我ながらビックリです!

自分はゴミ虫であると設定していたなんて、、。

これを設定することで、誰も傷付かないようしたのです。

何でこんな事になったのか

わたしと父親は全くといっていいほど真逆の性格。

父親は楽観的でイケイケなタイプ。

わたしは引っ込み思案で引きこもりタイプ。

全然タイプが違うのです。

そんな真逆な性格の父親と理解し合えるはずがありません。

そもそも家族なんだから「理解や共感なんかする必要なんかない」とお互いに思っていたのではないかと思います。

父親は自分の子供なんだから、自分の価値観を共有すべきだと思っているだろし、わたしは子供だから自分の考えなんか持ってはいけいないと思っていたかもしれません。

もちろん無意識にです。

わたしは子供心に「父親とはわかり合えない」「受け入れてもらえない」と無意識で思っていたようです。

子供にとって父親から拒絶されることが恐怖で、父親を否定して自分はダメだと自分の価値を落とすことで自己防衛していたようです。

先日読んだリズ・ブルボーさんの『5つの傷』ともピタリと一致します。

・父親に受け入れてもらえない(と思い込んでいる)ので拒絶されたと感じる。

・拒絶されるのは恐怖なのでそれを感じないように、父親との距離を置いて逃避する。

・父親自体を遠ざけることで自分が拒絶されているという恐怖を味あわないようにしていた。

こんな流れですね。

簡単に言うと「僕はお父さんの事が大好きなのに、なんでお父さんは僕の事をかまってくれないんだろう。僕が悪いのかな、、。そうだ僕が悪いんだ!大好きなお父さんを困らせてはダメだよね!僕がゴミ虫だからいけないんだ。お父さんは悪くない!」って感じですかね。

自分を落とす事で誰も傷付かないようにしたのです。

どうやらこれが、わたしが自己設定を低くした原点のようです。

母親の死で芽生た父親への反発心

わたしは15歳の時に母親を亡くしているのですが、その時に初めて父親と対面したような気になりました。

というのは母親が生きている時は、母親の向こう側に父親がいるような感じで父親と直接関わることが極端に少なかった。

というか近くと傷つくから、無意識に近づかないようにしていたのかもしれません。

うちは居酒屋商売をしているので、父親か帰ってくる時にはわたしは寝ていて、わたしが起きる頃は父親はまだ寝ているという家庭でした。

ざらに一ヶ月以上顔も合わせないなんてこともありましたし。

それが母親の死によって、どうしたって父親と顔を合わすようになります。

その時に「えっ、うちの父親ってこんなに頑固でわからず屋で全く話しにならん人なのか!!」と思って父親を嫌悪するようになったのです。

この時に感じた嫌悪感は、「拒絶されて傷つくのがイヤ」で直接関わらないようにしていたのに、母親の死で父親と関わらなくてはいけない、でも理解できない父親と関わると自分が傷つく、だから自己防衛のために嫌悪することで父親との関係性を遠いものにして自己防衛しようとしていたのかもしれないです。

なんと複雑な!

かなり反発して、激しい喧嘩も数回したし、家出もしました。

それでも父親の後を継ぐ気になったんだから、やっぱり父親が好きだったんでしょうね。

父親のやり方ではダメだ!

わたしがお店を継いでから無意識で決めていた経営方針に気がつきました。

「父親のやり方ではダメだ!」

これがわたしが心の中で決めていた経営方針だったのです。

これもビリーフ(思い込み)ですね。

否定から入る経営方針って、、。

潜在意識の意識でこんな事を決めていて、それを根っこにした経営方針で会社が上手くいくとは思えません。

根っこが腐っている木は、大きくなれませんよね。

2代目なのに矛盾していますね、いや2代目だからこそある思い込みなのかもしれません。

父親の事が好き。

でも父親とはタイプが違うから理解してもらえない。

でも理解してもらいたい。

それなら自分のなりのやり方で成功して認めてもらいたい。

こんな感じだったようです。

父親とはまったく違うやり方で経営しようとしていた

父親の経営は緻密な計算というよりかは、ノリと気合いと根性に明るさを乗っけたような経営でした。

(もちろん父親に聞けばそんなことはない。自分だって色々と計算していたと言うだろうけどw)

それを否定したくて真逆のことをしていたのです。

計算して冷静に暗く経営しようとしていた訳です。

どうりで経営しているのが苦しくて辛かった訳です。

父親を否定するため、そして父親に認めてもらいために経営していたのですから、、。

そこには自分がなにをやりたいかや、社員はどうすれば幸せになるかなどの考えは全く無かったのです。

もう一度整理すると、

お父さん大好き→でも理解してもらえない→自分傷つく→父親は太陽、俺はゴミ虫。

からの反発心で経営いたのです。

いや、そもそも人生における全ての考え方の根本がここにあったのです。

うー。

あほか、、。

お父さん大好き!と認めよう

父親に対して自分を低く設定していたという構造は理解できました。

その次は、お父さん大好きという気持ちを受け入れることにしました。

受け入れれば、実は大好きな父親のことを否定する必要もなくなるし、自分を否定する必要もなくなります。

父親が太陽で自分はゴミ虫なんて思う必要がなくなるのです。

父親と自分、それぞれの考えをもった人間がいるだけという事実だけが残ります。

まずは「お父さん大好き!」と認めてしまうのが第一歩です。

お父さん大好きと認めてしまえば、ゴミ虫じゃない、ありのままの自分でいられるという訳です。

経営も人生も否定からスタートするのではなくなります。

なかなかいい感じではないですか。

ようやくここに気づく事が出来ました。

ここに気づくまで長い道のりでしたが、気づけて大きく1つ進めたように思います。

隠していた気持ち「おうさん大好き」を認めて受け入れることにしました。

いままで心の中に隠していた気持ち、認めたくない気持ちを受け入れたのです。

無かった事にされていた気持ちに日を当ててあげました。

要するに「父親が太陽でも俺がゴミ虫でもなんでもいいや。父親も俺も同じ人間だし色々あるよね」っていう気持ちになれたという事です。

そんな気持ちになる事でビリーフと自分との距離がとれるようになったのです。

、、、、、。

あー、でもまだ口に出して言うのはハードルが高いな。

「おとうさん大好き!」とは。

本日は以上です。

2019/11/13

追記

このブログを書いてからも、色々な事がありました。

何かあるごとに、自分と向き合ってきました。

そしていま思うことがあります。

このようなビリーフがあったからこそ、学んだこと、手に入れる事が出来たものがたくさんあるという事です。

自己設定が低く、父親を嫌って反発して経営していたからこそ、父親とは違う経営手法を学んで経営者としてのスキルもあがりました。

また生きづらいと思い、苦しい気持ちがあったからこそ、心の学びをして自分がやりたいと思えることも発見できました。

ビリーフがあったからこそです。

ビリーフは悪いものではないのです。

ただそこにあるだけのものなのです。

問題なのは、ビリーフに気がつかないで、ビリーフによって無意識に行動してしまう事なのです。

ビリーフに邪魔されて、自分の欲求や感情に気がつけない、出せないのが問題なのです。

そんな事に気がついたので追記しました。

2020/05/28

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。