嫌なやつといっつも一緒にいる

俺は、嫌なやつと一緒にいる。

そいつは、俺をいつも怒ってばかり。

なにをしても許してくれないし、ダメ出しばかりしてくる。

まったくなんなんだよ。

なんで、そんなにいつもムスッとした顔して、いつも不機嫌でちょっとした事でも全然許してくれない。

そいつの口癖は、「〜するべきだろう」「〜をしなくてはダメになっちゃんだよ」「そんなんじゃダメだ!」「もっとやれよ!」「ちゃんとしろよ」「まだまだ甘いよ!」「お前は本当にダメな人間だ」「もたもたしてんじゃねーよ」「なんでさっさとやんないんだよ」「お前なんかどうせ何にもできないよ」

こんな事ばかりいいやがる。

そして言われた俺は、ちっ!そんなのわかってるよ!

と言い返せない。

そうかも、、そうだよね、、うん、そうだ、、。

そうやってシュンとしてしまう。

でも怒られたからといって、やりもしない。

だって、ほんとうは面倒くさくてやりたくないと思っている。

ほんとは、海の側で自然が身近にあるところに住んで、ズッーと浜でぼっーとしたり好きな本を読んだり、焚き火をしたりしていたいんだ。

嫌なことなんて何もしたくないんだ

自分のペースでズッーと、好きな事だけしていたいんだ。

でも、あいつが許してくれないんだ。

すぐに俺にイライラして怒ってくる。

怒るだけで、何にも手伝ってはくれないくせに、いつも偉そうに俺に指示をしてくる。

怒ってくるから、重い腰をあげて、やってみるけど、自分のペースじゃないから、すぐに息切れしてしまう。

あいつが、もっともっととせっついてくるから、あれもやらないと、これもやらないととついついやり過ぎてしまう。

俺は、もっと優しい人と一緒にいたい

いつもニコニコしていて、なんでも許してくるて、自分のペースでやっていいよーと言ってくれるような優しい人。

そうしたら、俺だって自分のペースでボチボチやるかもしれない。

自分のペースで心地よいところで。

でも、なんでか知らんけど、この人はなかなか一緒にいてくれない。

どうしてなんだろうか。

いつも怒っているあいつの方が、偉そうな顔しているから、一緒にいるタイミングがないのかも知れないな。

いつも怒っているばかりのあいつ

怒ってばかりいるけど、実は悪い奴じゃない事は知っているんだ。

別に俺が憎くて怒っている訳じゃないんだ。

俺の事が心配なんだ。

心配を怒りという方法でしか表現できないだけなんだ。

実際、あいつがいるおかげでいい事もある。

中学・高校と教科書すら開かなかった俺が、難しい本を読んだり、勉強をしたりして、たくさんの知識やスキルを身につける事が出来た。

あいつがいなければ、絶対にやらなかっただろう。

でももうちょっと優しく言って欲しいんだよな。

俺のことを認めて欲しいんだよな。

そう、もっと俺のことをわかって欲しいんだ。

子供の頃に、親からよく言われた「宿題やったの!」って。

言われるとやりたくなくなる。

やる気なんか全然なかったのに「いまやろうと思っていたのに!」と反抗してみたりして。

それとちょっと似ているかな。

いや、ちょっと違うか。

上から命令してくるというかは、耳元で「そんな事をしているとヤバイよーヤバイよー」と言ってくる感じかな。

そう、あいつ俺の事を焦らすんだよね。

あいつが全面的に悪い訳ではないのは知っている

あいつの事を嫌わないようにしてみるか。

あいつがいてくれたから、いまの俺がいるのだから。

今ままでは、ほんと嫌なやつで嫌いだったから、顔も見たくなかったけど、すこし仲良くしてみよう。

俺が嫌うから、余計に怒るのかもしれないしな。

ひょっとしたら、あいつも俺が嫌うから余計に怒るのかもしれないしな。

うん、そうしてみよう。

でもさ、やっぱり怒られるは嫌なんだ。

どうしても嫌なんだ。

怒られたって絶対にやらない。

その場では、言う事を聞いているフリをしても、絶対に長続きしない。

だって人は自分でやりたい事しか、やらない生き物だからね。

でもあいつは心配して、俺の事を思って言ってくれているのはわかるよ。

やっぱり少し仲良くしてみようかな。

あいつとは切っても切れない縁なのだから。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。