今日は社員とLINEのお勉強です〜錦糸町「ろばた焼き海賊」社長 春山の日常 2019/07/23編

今日はLINEのお勉強です。

海賊で唯一の20歳代の社員を連れていってきました。

LINEやYouTubeでビジネスを伸ばしていくという話しでしたが、やはり若い世代は違いますね。

ところどころ、うなずきながらメモを取っていて、わたしより腑に落ちたようです。

いつもならわたしだけで、こういうところに来てしまいますが、社員と一緒にくるといいですね。

わたしが聞いて、わたしが説明してもピンとこないことも、一緒の場にいることで言葉じゃなくて空気感を共有できます。

納得度も違うようです。

なんか社員が一所懸命にやる姿をみるのは嬉しいです。

それがなんでもいいんです。

どんな下らないことでもいいんです。

社員が生き生きと働ける職場にしたい。

睡眠

はい!

素晴らしい!

リングがオールグリーンです。

なんでかというと、妻と子供が泊まりで海に遊びに行ったんですねー。

そう、わたし1人でのびのびと寝たのです。

エアコンの設定も好きな温度にして快適です。

なのになぜに出張にいくと眠れないんだろう。

不思議です。

朝食

定番のやつです。

フルーツに山梨のすももを切ったのですが、あまりに見栄えが悪くて写真なしです。

サラダはいつもの、鶏ササミ、石川養鶏の「奇跡のたまご」のゆで卵、京橋屋カレーのスパイス。

落ち着きます。

お勉強

冒頭に書きましたが社員と一緒にLINE公式アカウントのお勉強です。

すごくいいセミナーでした。

講師の菅谷さんが素晴らしい。

まったく飽きさせない講座でした。

菅谷さんは「机上の空論は嫌い。とにかく実例主義です」と何度も繰り返していました。

事実、成功事例をたくさんみせてくれます。

そして、こんなことをやると失敗するという事例も教えてくれました。

・LINEは集客に使ってはいけない

・商品の売り込みをしてはいけない

などを実例とともに教えてくれました。

一番衝撃を受けたのは

LINEは道具であって手段ではない。

どんなツールを使っても作法と気持ちが大切。

ツールが変わるだけで、あくまでお客様第一主義である。

と言っていました。

まさに本質ですね。

わたし達はついつい自分達の都合でものを考えてしまいます。

すぐに商品の売り込みをしてしまいがちです。

それを菅谷さんは「金持ってこい」と言っているのと同じと言っていました。

確かにそうです。

自分かお客様の立場にたてばわかることなのに、売り手側に回るとわからなくなります。

不思議なものです。

時代が変わりツールが変わってても作法は一緒なんですね。

改めて勉強になりました。

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。