月に一度の京橋屋さんの支援に行って、社員のお誕生日なので食事に連れて行った日〜寄り添うコンサルを目指す「炉端焼き海賊」社長の日常【2019/02/19編】

今日は、ご縁があってご支援させていいただいている、京橋にあるスパイスカレーの草分け的存在のお店「京橋屋カレー」さんに行ってきました。

京橋屋カレーさんは、超人気店で行列ができるカレー屋さんだったのですが、ご主人の体調によりテイクアウト専門店に舵をきられました。

そのせいでいまは売上に若干苦戦していますが必ず回復するはずです。

わたしができることを全力で支援していきます。

睡眠時間

7時間55分

本日の快適指数、星2つの77

会食をしてきて帰りが遅くなりました。

もたもたしていたら寝るのが遅くなってしまいました。

ランニング

今日は走りにいけませんでした。

残念。

我が家のお出かけ儀式「火切り」

朝起きることが出来ませんでした。

娘の送りが出来なかったので写真はなしです。

京橋屋カレーさん

月に1度のご支援の日です。

冒頭にも書きましたが、もともと行列ができるカレー屋さんです。

ご主人の体調で、不特定多数のお客様を店内に入れることが出来なくなってしまいました。

そこからテイクアウト専門店へと舵を切りました。

新しいことを始めているので、いまは苦戦しています。

1月の数字と状況を確認して、2月に向けての具体的な行動を相談しました。

社員とお誕生日1on1

お誕生日の社員と食事をしながら話しをしてきました。

今日は若い子なので上野の焼肉食べ放題の店。

お誕生日なので肉ケーキ。

まとめ

自分自身ではどうしても客観的に見れなくなることがあります。

自分のお店のことや、自分自身のことはわからなくなります。

客観的なことを数字から明らかにします。

京橋屋カレーさんがやりたいことと、数字からの問題点に気がついていただける提案が私の仕事です。

京橋屋カレーさんが、次のステップに進めるように応援していきます。

関連

関連ランキング:カレーライス | 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)