心理カウンセラー・大塚あやこさんの「傾聴1dayセミナー」を妻が受講してきた〜傾聴されるのってものすごく気持ちがいい!

心理カウンセラー・大塚あやこさんの「傾聴1dayセミナー」を妻が受講してきた。

傾聴セミナーの翌日、朝にちょっとしたこと(内容わすれた)を妻に話していた。

いつもより”気持ちよく”ベラベラと話していた。

その時は自覚なし。

なんと傾聴されていたことが後から判明した。

傾聴セミナーを受講してきた翌日に書いた妻のブログにこんな一文があった。

「傾聴されるのは想像以上に気持ちがいい」
これは、裏を返せば、
話を聞いてもらえない状態の時は
大きいストレスがかかってるということ。

傾聴という概念の中には、
聴き手の姿勢がすでに含まれている
ただ聞いてもらうだけでなく。
海にふる雪より

そう、わたしは妻に話しを聞いてもらいたかったのである。

しかも、傾聴して欲しかったのか!と実感した。

人に寄り添って話しを聞くこと。

「愛」と「テクニック」両方必要なのか。

わたしも同じセミナーを後日受講することになっている。

とても楽しみである。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。