第38回千歳JAL国際マラソン2018に参加してきた。

今回の目標は「裸足で完走!」である。

結果的にあまりのダートコースに途中でココロが折れてしまった。

1/3くらいルナサンダルを履いてしまうことになる。

ていうかルナサンダル持っていて良かった。

裸足では歩くのもままならない状態だったから。

スタート地点

▽ もうスタート地点から砂利道だし。

▽ 10kmくらいまで石ころがゴロゴロ。

途中でルナサンダルを履いてなんとかしのぐ。

前半はとにかく足裏が痛くて肩と足に力が入る。

すると余計に足裏が痛いのと、変に体力を使ってしまったように感じる。

▽ ちなみに、こんな足首にまくチップ貸してくれた。

便利なものを用意してくれている。

サンダルで走るひと、わらじで走るひと色々と見かけた。

10km〜20km

▽ 少し路面の状態がよくなる。

軽い登り坂でとてもよい路面がありスピードが上がる。

この時は高岡さんに習ったことを意識する余裕も出た。

背筋を伸ばしてリズミカルに。

裸足で1番気持ちよく走れた区間である。

その後に悲劇が。

▽ ここは歩くすらままならない。

素直にルナサンダル履いちゃた。 

でもルナサンダルを履いたおかげでペースが上がる。

30kmすぎ

▽ 舗装された道にでる。

▽ ここで再び裸足チャレンジ!

疲れたときほど背筋を伸ばして、腰をしっかりいれて走る。

それだけを意識して黙々と走る。

黙々と走る。

ゴール!

タイム

4時間56分35秒

痛くてペースが上がらなかったにしては上出来かと。

まとめ

今回の完走は超絶うれしい!

足裏よく頑張った。

サブ4達成の時は全然うれしくなかったのに。

なんでだろう?

推測するに今回はすごく楽しんで走ったからだろうな。

いままでのマラソン大会はメンタルがよくなかった。

全然楽しめない状態でタイムばかり気にして走っていた。

そして結論。

  • マラソン大会は楽しんで走る。

  • 疲れたときほど背筋を伸ばしてしっかりと腰をいれる。

  • 裸足で走ると色んな人から声をかけてもらえて楽しい。

  • 千歳マラソンは裸足で2度と走りたくない。

こんな感じである。

次は舗装された道のレースで挑戦してみよう。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら