ありがたいと思う気持ちをお金にのせよう

深夜の社員との飲みコミュニケーションからの帰宅。

ものすごく寒い。

そんななか、タクシーで帰ってきた。

寒いといっても、たかだか-3度だけど。

って寒いよ!

タクシーはもったいない

以前は、タクシーに乗るのはものすごい贅沢。

もったいないと思っていた。

電車に乗れば1/10で帰れるとか思ってた。

お金を使うとダメになると、思っていたのだろう。

価値に対して、お金を支払うという感覚がなかった。

ありがたい

こんなに寒い夜中に、タクシーの運転手さんは働いてる。

わたしみたいな酔っ払いを運んでくれる。

ありがたいなー。

と思えるようになった。

まとめ

お金は貯め込んではいけないのだ。

自分が豊かになるために使うことが大切なのだ。

タクシー乗ってしまった!

もったいない!

ではなくて

深夜にわたしを運んでくれてありがたい。

もったいなくないよね。

価値に対して、正当に感謝してお金を支払う。

ありがたい。

そう思って正しいエネルギーでお金をまわしていこう。

それにしても寒い。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。