自由ヶ丘「和氣香風」色々とガタが来ているので漢方を処方してもらった

定期的に鍼灸治療をしてもらいに行っている、自由ヶ丘の「和氣香風」さん。

ご夫婦でやっているのですが、こちらの奥様が漢方薬の達人。

こんなも出している。

なので睡眠と胃の調子が悪いので、相談してみた。

気血をめぐらせるらしい。

問診とベロの色を見たりして診断する。

なにを書いてあるかよくわかんないけど、とにかくお疲れらしい。

決定的にどこが悪いという訳ではないけど、全体的に機能が低下していると言われた。

そっかー。

イメージとしては、「今はなんとかバランスを保っているけど、なんかの拍子にバランスを崩すと止まってしまうよ」というような感じかな。

なんだ、おれのバイクと一緒だ。

俺の古いバイクも調子は悪くないけど、なにかあるとすぐに機嫌が悪くなる。

今も原因不明で、エンジンが掛からなくなっている。

そんな感じかな。

なので、漢方薬を処方してもらう事にした。

忘れずに飲まないと。

胃と睡眠に対する漢方薬だそうだ。

とりあえず1ヶ月飲んでみよう。

カラダが資本だからね。

それと、食べものに気を付けるように言われた。

消化にいいものを食べなさいって、あとニンニクや唐辛子、ネギなどの辛いものはNGだそうだ。

これは困った、好きなものばかりだよ。

タイ料理とかダメか、、。

ガッカリ。

まぁ、胃が元気になるまで我慢だな。

という事で本日は以上です。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。