子供とUNOをやったり水族館が想像以上に楽しかった大洗旅行 不定期日記 2020/03/8〜9

なんとなく、思いつきついて家族で大洗に行ってきました。

宿は大洗ホテルという大きなホテル。

なんと写真を取り忘れました。

ロビーの前に海岸があってとってもロケーションが良かったです。

でも砂浜じゃなくて、石がゴロゴロしている海岸だったので海水浴は無理ですかね。

翌日は、水族館へと。

想像以上に良い水族館でした。

泊まったホテル

大洗ホテルという、海岸沿いにあるホテル。

ロビーフロアーから海岸に出れます。

砂浜じゃないので海水浴は出来ないのかな。

波が荒いし、寒いので子供達も海岸に出ませんでした。

お部屋


和モダンというお部屋でした。

そんなに広くはないですが、マッサージチェアがあったりして地味に嬉しいです。

これまた写真を取り忘れましたが、窓から海が見える内風呂がありました。

これがまた地味だけど気持ち良かったです。

そしてなんといっても大浴場の展望が素晴らしかった。

海を一望しながらお湯につかれます。

お食事

旅の楽しみの一つとしてお食事がありますよね。

この時期の大洗といえば「あんこう鍋」です。

しっかりと食べさせてもらいました。

お食事はバイキングスタイルでした。

子供連れなのでバイキングスタイルはとても使い勝手がよくて嬉しいです。

でも正直いって期待していませんでした。

それがそれが良い意味で裏切られました。

とっても美味しい。

調子に乗って海鮮丼を作ってみたりして結構ノリノリになってしまいました。

刺身も板前さんの切り立て。

とんかつ、鳥からなども揚げたてで用意してくれて子供達が食べれるものも充実です。

良かった良かった。

夜はお部屋でUNO三昧。

上のおねーちゃんがとっても楽しそうです。

普段いかに相手していないかを感じました。

反省です。

翌日は水族館へと

アクアワールド茨城県大洗水族館。

コロナ騒ぎで空いていました。

団体さんが全部キャンセルで普段の1/3の入場者ですって。

ペンギンがいたり。

アシカとイルカのショーを見たり。

しかし、イルカやアシカとどうやってコミニケーションをとっているのだろう。

不思議である。世の中わからない事ばかりです。

とっても楽しい水族館でした。

地方の水族館なんて子供だましじゃないのと思っていました。

なんのなんの。

大きな水槽にたくさんの種類のサメがいたり、マンボウがゆらゆら泳いでいたりと、とっても楽しめてしまいました。

先入観でバカにしてはいけませんね。

最後にあん肝入りのあんこう汁食べて帰ることに。

ゆっくり出来て楽しかった。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。