自由ヶ丘 「和氣香風(かきこうふう)」で月一の体のメンテナンス〜とにかく全身温めよう

月に一度の体のメンテナンスに行ってきました。

場所は自由ヶ丘にある「和氣香風(かきこうふう)」です。

足湯の記事の時にも書いた、50肩の治療をしたくて友人から紹介してもらったお店です。

友人からの紹介してもらった時に、「あそこの先生ゴッドハンドだから。やばいですよ」と紹介されました。

確かに触っただけで色々とわかってしまう手はゴッドハンドかもしれません。

50肩も良くなり、今は月に一度健康相談をかねて針やらお灸やらをやってもらってます。

今月の健康状態

当たり前ですが、治療院に言って開口一番に健康状態を聞かれます。

「まぁまぁ良いです」と答えるわたしに先生の目が光ます。

「なんか目元がすっごく疲れてるけど睡眠とかとれてる」

うう。

別に隠すつもりはなかったのですが、なんか体調悪くないと言いたくなくて、とっさに目の疲れやうっすらとある頭痛の事など言わなかったんです。

体のメンテナンスに行っているのになんで隠そうとするのだろう。

何故にとっさに「元気です」と言ってしまったんだろう。

隠したい理由が、なんかあるんでしょうか。

まぁ、それはさておき。

ベッドに横になってお腹を押したり脈をとったりしています。

「うん腸の動きが悪いね。目と頭の使いすぎで腸までエネルギーが回ってないんだよ。前回よりは悪くないけどようやくスタート地点って感じかな」

という事です。

ほっほー。

こういうところがゴッドハンドの由縁なんだろうか。

見て触っただけで身体の状態がわかるんだからすごいよな。

針とお灸

という診察のあと針とお灸をしてもらいます。

今回はなんと人生初体験、目の周りに針を打たれました。

なんか怖いけど針を打った後は目がスッキリ、ハッキリします。

「針ってすげー」という感想。

いつも打ってもらっているけど、こんなに効果を感じたの初めて。

あとは腰とお腹にお灸。

これが暖かくて、いい香りがしてとってもいいのです。

いつも寝てしまいます。

洋服にお灸の香りが移って一日中、いい気分なんですよね。

以前に上の子供を連れて来た時に「ここはいい香りがする」と言っていたのです。

癒されます。

漢方薬を購入

なんて読むのかわかんないけど、とにかく目にとても効く漢方薬だそうです。

この薬で緑内障が治った人がいるそうです。

とりあえずしばらく飲んで様子をみてみましょう。

しっかし、1回8粒で1日3回飲むのか、、。

結構大変だなー。

なんか黒いし、、。

ちょっと苦いし。

最後に

とにかく「温めろ」といつも言われます。

足を温め、お腹を温め、今度は目を温める事になりました。

要するに全身冷やすなって事ですね。

いままでなんか温めるとか考えていませんでした。

おっさんだしそんなに冷えてないし、女性みたいに冷えないよと軽く考えていました。

でもおっさんは冷えていたようです。

積極的に全身温めていくことにしましょう。

本日は以上です。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。