ハーレーダビッドソン 1973年式 XLH1000のオイル交換

なんやかんやでもう20年も乗っているバイクです。

わたしは古いバイクに乗っている割りにはバイクをいじるのが嫌いです。

工具を揃えて、ガレージでバイクをいじるとかちょっと憧れはあります。

でもそもそもガレージなんか持っていないし、面倒だし手は汚れるし。

なんといっても自分にバイクいじりが出来る気がしません。

自分でいじったバイクに乗るなんてそんな怖いこと出来ません。

なのでオイル交換もバイク屋さんに全面的におまかせしちゃってます。

わたしは古いバイクに乗るのが好きで、バイクをいじるのは好きではない。

経営もバイクも自分が得意なことしたい事以外は外注しよう。

外注大好き。

イーストアーバン カスタムサイクル

オイル交換してもらったショップは「イーストアーバン カスタムサイクル」です。

ここのショップはこのバイクを買った時からなので、やはり20年のお付き合いになります。

以前は川崎の方にショップがあったのですが、いまは都立大学駅のそばでやっています。

薄く長ーくお付き合いさせてもらってます。

今回はエンジンオイルとミッションオイルの交換をしてもらいました。

あまり長距離は走らないのですが、毎日の通勤でちまちま乗っているので結構汚れてました。

中古車に最適!な添加剤も入れてもらい絶好調になるはず。

タイヤのひび割れ発見

エンジンオイルも交換して、さて帰りますかという時にやばいものを発見してしまいました。

なんとフロントタイヤが経年劣化でひび割れていたのです。

これは怖い!

知らぬが仏っていうやつですか、高速とか普通に走ってましたよ。

走行中にタイヤが裂けなくて良かった。

この日は時間もタイヤの在庫もないので、後日交換してもらう事にしてゆっくりと帰りました。

予想通りエンジンの調子はいいのにタイヤが気になって気になって。

ビビリなもので。

今回の教訓

いくらバイクいじりが嫌いでも、自分のバイクの状態くらいはチェックしなくはいけませんね。

バイクのメンテナンスは清掃からと誰かが言っていたような気がします。

そういえば、わたしバイクの清掃もしないのです。

これはいかん事です。

まずは清掃をしよう。

清掃しながらバイクの状態をチェックしよう。

自分が経営している店の従業員には清掃しろと言っているくせに、、、。

恥ずかしい。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。