社長の仕事は未来への種まきです

海賊の方のブログに書きましたが、先日メニューやら宴会コースの内容を決めるのにコンサルタントさんと打ち合わせをしました。

いままで海賊ではコンサルタントさんとかと全くお付き合いをしていませんでした。

なんかお金がもったいないような気がしてたんです。

それともう一つの理由として全部自分でやりたかったんです。

コンサルの力なんか借りなくても全部自分で出来ると思っていたんですよ。

いや思いたかったという方が正解たもしれないです。

自分には能力があると証明したかった。とかそんな感じです。

アホですね。

きっと自己顕示欲を満たして自己肯定感を上げたかったのでしょう。

ほんとアホですね。

自分に出来る事、出来ない事がわかっていなかった

そもそもわたしなんて、海賊以外の飲食店で働いた事ないんですから飲食店のメニューとかそういう事に関しては全く何も知らないのに、、。

なのでわたしもコンサルタントをやっていますが、そういうアドバイスは一切していません。

というか出来ません。

わたしがサポートしているのはメンタルと情報発信について、そして財務諸表が多少見れるので財務のあたりです。

なのに海賊では全てやろうとしていた。

出来もしない事を一生懸命になってやろうとして、神経すり減らしていました。

どうりで上手く行かなくてイライラして疲れる訳です。

社長の事情に振り回せれる社員も迷惑します。

それに社長の仕事はそんな事ではないのです。

社長本来の仕事は社員を守る事

そして社員を守るために会社を潰さないで存続させる事が、社長の仕事だと思うのです。

5年先、10年先に会社が生き残っているために今どうするかを考えるのが社長の仕事ではないかと思うのです。

社長の仕事は未来にむけての種まきが仕事なのです。

という事で今後は種まきをする為に外部の力を積極的に借りていきたいと思っています。

本日は以上です。

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。