社長さんの悩み〜お金の悩みを取り除きたい

社長の悩みは「人」「金」「もの」といいます。

その中でも、「お金」の悩みは大きいと思います。

わたしも以前は、お金の事でとっても悩んでいました。

いつでもお金がない、お金がないと悩んでいました。

売上が悪いければ、悪いでお金がないと悩み。

売上が上がってきても、全然お金が残らない悩んでいました。

とにかくいつでも、お金がないお金がないと悩んでいました。

カウンセラーとして社長さんのお話を伺う機会増えた

やはりお金の事を心配している経営者はとっても多くて、お金の事が心配で、行動できないでいる社長さんもいます。

その気持ちよくわかります。

わたしもお金の事が心配で心配で、心配なら行動して安心できるようにすればいいのに、心配で行動ができなくなって、ドツボにハマって余計に心配になっていたからです。

嫌なことから目を背けて、頭を抱えてうずくまって嫌なことが通りすぎないか待っているような状態でした。

それじゃ、状況が改善する訳ないですよね。

最近はお金の心配をあんまりしていない

あんなにお金の事が心配で心配で、ちょっと売上が悪い日があったりすると、すぐに売上が落ちる→一家離散で野垂れ死にまで考えが飛んでしまっていたわたしが、気がつくとあんまりお金の心配をしなくなっています。

どうしてなんだろう。

考えられるのは、古田土会計さんで毎月月次決算をして、財務の勉強をしている。

そして心の学びをして、根本的から考え方が変わった。

思いつくのはこれくらいです。

でもそれらが、どういう仕組みでお金の不安を取り除いたのかがハッキリとわからない。

なんとなくはわかるのですが、体系立てて説明ができないのです。

それがなんとも歯痒くて、、。

カウンセリングと財務知識の両面から、社長さんのお金の悩みを取り除きたい。

最近はそんな事を考えていて、それが目下の目標です。

うーむ。

なんとかしたいな。

本日は以上です。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。