娘が貞子から美少女へと変身した日〜錦糸町「ろばた焼き海賊」社長の日常 2019/08/02編

昨日、焦る焦ると書きました。

あいかわらず焦ってます。

月末の事務仕事、来期に向けての方針作り、給料計算などなど仕事が山積み。

はい。計画的にやらない自分が悪いのです。

わかっているけど、ついつい後回しにしてしまうんですよね。

それでも1つ1つこなしていけばなんとかなるはず。

やるべき事を紙にでも書いて深呼吸して取り組みますかね。

睡眠

普段は寝つきが悪くなるので、夜はPC、スマホをなるべく見ないようにしていますが、珍しい遅くまでPCに向かってました。

案の定、寝つきが悪いです。

朝食

ド定番の朝食です。

妻の愛情スイカと鶏ササミ、石川養鶏の奇跡の卵のゆで卵、京橋屋カレーのスパイス。

落ち着く。

娘がヘアドネーションというやつをしてきました

髪を切る前の貞子ヘアーの娘。

髪を切ってきて、貞子から美少女へと変身。

「ヘアドネーション」とは、癌や白血病、先天性の無毛症、不慮の事故などにより髪の毛を失った子供たちに、皆様に寄付していただいた髪の毛を使用して、完全オーダーメイドの人毛の医療用ウィッグを無償提供する活動です。

という活動だそうです。

わたしもやってみたいが、31cm以上髪を伸ばすのは大変だよなー。

そもそも髪の毛だいぶ薄いしお役に立てるとは思えませんね。

海水温熱

2週間に1回のペースで渋谷に海水温熱という沖縄発の民間療法に行ってます。

どんなことをするかというと、海水で熱く蒸したタオルを全身に押し付けられるのです。

ものすごくアチィけど全身が温まり、温泉に入ったようになります。

海水温熱を受けたあとは怠くなりますが、翌日スッキリします。

身体のメンテナンス大切です。

写真は渋谷のスクランブル交差点。

ものすごい人だなー。

さて明日は土曜日ですが、仕事は続きます。

早く追いつきたい!

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)