フジロック!最終日は子供に1日中お付き合い〜錦糸町「ろばた焼き海賊」社長 春山の日常 2019/07/28編

フジロックもとうとう最終日です。

台風一過とはこのことでしょうか、昨夜の雨が嘘のように晴れ渡る苗場です。

今日は特に観たいバンドもないし、一日中子供に付き合ってました。

ステージを見なくても雰囲気でフジロックは楽しめます。

睡眠

なかなか良く眠れました。

リングが3つグリーンなのは嬉しい。

テント寝もなかなか悪くないですね。

みんなが起きる前にテントの中で瞑想したりして、なるべく普段の生活リズムを乱さないように気をつけています。

朝ビール

わたしにしては珍しく、朝からビールをやってしまいました。

天気もいいし最終日だし。

いい気分です。

良く歩いて3日間

昨日に引き続き子供が、勾玉を作りたいと言います。

勾玉を作れるところは、地図の右端のサイト。

我々がキャンプしているのは地図の左端。

移動するだけで山道を5km以上は歩きます。

なかなかくだびれます。

こんなに歩いたら子供も疲れるよねー。

フィールドオブヘブンというステージを抜けると広場があります。

こんなレコードをモチーフにした回廊が作ってあったり、スラックラインが出来たりします。

1日中ここで子供に付き合っていました。

ピラミッドガーデン

夜にピラミッドガーデンにワインを飲みに行ってきました。

ほんとは妻と一緒に行こうかと思ったのですが、妻が1人で行ってきて良いと言うので折角なので行ってきました。

焚き火を眺めながらライブをきいて夜はふけていきます。

ここの雰囲気はマッタリしていて好きだなー。

さて明日は撤収です。

雨が降らないといいですね。

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)