フジロックが終わったよ〜錦糸町「ろばた焼き海賊」社長 春山の日常 2019/07/29編

今年のフジロックは昨日で終了。

今日は撤収日です。

撤収の日に良い天気で良かった。

雨のなかテントの撤収はテンション落ちますからね。

ちなみにフジロック期間中に歩い距離は60.1km、84,535歩でした。

ほとんどが山歩き、疲れるわけです。

睡眠

あまりよく眠れませんでした。

コットというキャンプ用の簡易ベットを使っているのですが、表面がツルツルなんです。

そして今回のサイトは傾いていて、気がつくと足元に滑り落ちてしまっているのです。

夜中にハッと気がついて上に戻るの繰り返しでした。

コットは平地だととても寝やすいのですが。

テント撤収

テントの撤収をしている写真を撮るのを忘れました。

大人達が撤収する間、子供達はそこらで遊んでます。

手伝ってくれなくていい、邪魔をしなければ。

まとめ

初参加した去年とは違った印象を持ったフジロックでした。

今年は、子供を通じて仲良くなったご家族のおかげでフジロックを落ち着いて楽しめました。

というのは、このご家族のお父さんはフジロック歴20年の強者で、初回から参加しているそうです。

このお父さんのフジロックでの「あり方」がすごく良かったのです。

お父さんはフジロックというイベント自体を楽しんでいて、その「場」の雰囲気を全身で吸っているかのようです。

わたしの目には、我をすてて瞑想状態でフジロックを楽しんでいるように見えたのです。

そんなあり方をわたしも参考にして、場の空気を楽しむようにしました。

初参加の去年は、あれもしたいこれもいたいと自分の欲求が前面に出ていました。

そうなると、あれもしたかったのに、これもしたかったのにと不満に思う気持ちが残ります。

そうすると不満を口にださないまでも、態度や雰囲気に出てしまいます。

自分も気持ち良くない、周りも気持ち良くないですよね。

今年はその我を捨てて、フジロックという場にいること自体を楽しむようにしました。

まさに瞑想ですよ、瞑想。

フジロックにいること自体を楽しんでいる状態。

不満が出ません。

不満が出なければ、自分がハッピーになるすると周りもハッピーになる。

フジロックでまた新しい気づきがありました。

あー 楽しかった!

また来年も来る!

いつかフジロックに出店できるといいなー。

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)