フジロック!フジロック!フジロック!〜錦糸町「ろばた焼き海賊」社長 春山の日常 2019/07/26編

今日はフジロック初日です。

早く起きてしまったので、みんなが寝ている間にテントの中で1時間瞑想。

テントの中で1時間も瞑想できるか不安でしたが、なんとかなるものですね。

朝ごはん食べてフジロックに突撃します。

睡眠

テントサイトがちょっと斜めです。

微妙に少しずつ足元にずり落ちてしまい、気がつくと全員が足元に溜まっています。

そんな状況でも思った以上に良く眠れています。

喉が若干痛いですが、体調も回復してきて良かったです。

## 朝食

フジロックでもスイカ。

フジロック

リストバンドが入場券代わりになります。

子供は無料なのですが、子供用のリストバンドがもらえます。

グリーンステージ

フジロックのメインステージです。

今年のメインステージのしょっぱなは「レッドホットチリパイパーズ」

レッドホットチリペッパーズではないです。

エディンバラからきたバグパイプの中心のバンドです。

キルトをはいたラグビー選手かと思うような、ゴッツイオッさんがバグパイプを吹きまくる。

クイーンのカバーなんかもやって超絶カッコいい!

想像以上のカッコ良さでした。

小川で水遊び

妻が観たいステージがあるというので、子供とわたしは小川で水遊び。

フィンドオブヘブン

フジロックの会場はかなり横に広いのです。

入場ゲートからこのフィールドオブヘブンまでかなりの距離があります。

子供の足だと30分以上かかるでしょうか。

その分、こじんまりとしてとても素敵な空間です。

かき氷食べたり、ステージ見たりして楽しかった。

子供は遊ぶ場所がないので若干不満そうですが。

ピラミッドガーデン

夜は1人でピラミッドガーデンで焚き火にあたりながら、杉山清貴さんのステージ。

ちょっと嫌な事があってイライラが止まらなくて、「折角のフジロックなのにーーなんなんだー」と落ち着かなかったのですが、この時間のおかげで嫌な事とスペースが若干できました。

また明日もフジロック!

切り替えて楽しみましょう。

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。