フジロック!前夜祭から大盛り上がり〜錦糸町「ろばた焼き海賊」社長 春山の日常 2019/07/25編

今年もフジロックに参加するために苗場にきました。

去年はキャンピングカーをレンタルして快適でしたが、今年はテントです。

4泊5日のテント泊、昼間のステージなど色々と楽しみです。

睡眠

なんと!

フジロック前日にまさかの発熱。

おねーちゃんが発熱、下の子が発熱、妻が発熱。

そして、わたしが発熱。

全員、手足口病でした。

手足口病って、なんか物凄くインパクトがある病名だと思うのですが。

それはいいとして。

頭痛がして寝たいのに眠れません。

心拍数だって91とかです。

みているだけでドキドキします。

それでも朝方は少しうつらうつらした気がします。

フジロック

熱も38度から37度に下がりなんとか出発です。

思ったより体調も悪くないです。

思ったよりね。

到着して早速寝床作り。

キャンプサイトが混み合っているので、なかなか大変です。

テントを張り終えたと思ったら、土砂降りの雨。

テント張り終えてからでよかったー。

からの晴天。

さすが山の天気ですな。

写真はピラミッドガーデンというところなのですが、ここが抜群に気持ちいいのです。

一日中いてもいいよなー。

いないけど。

18時から前夜祭です。

夕飯を食べがてらきてみました。

オートキャンプサイトから物凄く離れていて、徒歩20分くらい会場までかかります。

結構ヘロヘロ。

ヘロヘロでついてみたら、人人人人人!!!

人が多過ぎて身動きが取れません。

これは子供連れにはつらい状況です。

ここで夕飯を食べることは飽きらめました。

また、同じ道のりを歩くのかー。

熱は下がったとはいえ病み上がり。

子供達も「疲れたー」「お腹減ったー」と言っています。

かわいそう、、。

でもいまのおとーちゃんは無力なんだよ。

途中でハヤシライスを買って食べて、テントに帰り、さっさと寝てしまいました。

明日からが本番です。

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)