もっとホメて欲しい!自主トレで内観して気づきがあった日〜錦糸町「ろばた焼き海賊」社長の日常 2019/07/12編

今日はカウンセラーになるために学んでいる講座の自主トレです。

午前中に経営計画書を作っていて「経営理念」がなんかシックリこないと悩んでいました。

悩んでいたので、マインドマップにマップを書いてみました。

すると結果的にどこにいっても「ホメて欲しい」につながってしまいます。

ありゃー。

そんなにホメて欲しかったんだ、、、。

是非とも今日の自主トレはこの話しをすることにしましょう。

睡眠

よしよし。

睡眠時間もしっかりとれています。

わるくない睡眠です。

深い睡眠はあいかわらず課題ですが。

朝食

毎日、飽きもせずに同じものを食べています。

これが一番落ち着きます。

鶏ササミ、石川養鶏の奇跡のたまごのゆで卵、京橋屋カレーのスパイス。

これに雑穀を少しだけ。

スイカも忘れずにです。

自主トレ

BRC認定カウンセラーのゆみさんが自主トレを主催してくれました。

受講生だけでもやりますが、認定カウンセラーさんがいると困ったときに色々と聞けて大変勉強になります。

今回は、わたしはクライアント役をやらせてもらいました。

午前中の経営理念についてのモヤモヤをお題にして話しを聞いてもらいます。

冒頭に「もっとホメてもらいたい」書きました。

子供のころのことを改めて考えると、甘やかされた記憶はあってもホメられた記憶がありません。

それを考えたら涙が出てきて「ホメて欲しかったなー、おれ・・」と思ってしまいました。

これがどういうことかというと。

ホメて欲しかった→ホメられていない→どうせおれなんかホメられない。

このような流れで自分には価値がないという思い込みが子供の頃に出来上がってしまったのです。

こう書くと「ほんとなのー」って感じですよね。

でも本当なんです。

こうして書いている本人、納得感がとてもあります。

なんでしょうね。

こんな思い込がたくさんあって人生が生きづらくなっているのですね。

自分がたくさん体験することでよいカウンセリングができるようになるというものです。

まだまだ心の探求はつづきますね。

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)