土屋鞄の「ビークルトリジップボディーバッグ」を購入した。

休みの日などは、基本的に財布しか持ちません。

尻ポケットに財布をいれるのが、あまり好きではないです。

家族で出かける時などは、妻のカバンに一緒にいれてもらえばいいのですが。

1人で出かける時に、不便に思っていました。

最近巷の男性が、ワンショルダーのバッグを使っていて、便利そうだなと思ってました。

革物が好きで、なかなか素敵なカバンがなかったのですが、土屋鞄のHPを見ていたら素敵なやつがありました。

なかなか、いいお値段でしたが迷っているうちに買ってしまえ!

目をつぶって購入ボタンを押してしまいました。

ビークル トリジップボディーバッグ

土屋鞄のワンショルダーバッグ

マストな小物たちを軽やかに背に纏う、男のコンパクトな最小装備。

土屋鞄製造所のHPより
https://www.tsuchiya-kaban.jp/

カッコいいじゃないですか。

男のコンパクトな最小装備ってフレーズが。

色はインディゴを選びました。

いい色です。

わたしの最小アイテム

長財布

もう少し増えると、長財布・本。

もし少し増えると長財布・本・iPad Pro

こんな感じでございます。

使った感想

非常に軽快で動きやすいです。

ショルダーバッグを、袈裟懸けにするより軽快です。

バイクに乗る時にも活躍しそうです。

へたにショルダーとかにすると、物を入れ過ぎて重くなって肩こります。

まだ肩の革が馴染んでないので、体から少し浮いてしまいますが、ほとんど気になりません。

大切に長く使って、革の変化を楽しみたいと思っています。

皮はそれが楽しみ。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら