土屋鞄「ビークルトリジップボディーバッグ」を購入〜男の最小装備を持ち歩こう

土屋鞄のワンショルダーバッグ

土屋鞄の「ビークルトリジップボディーバッグ」を購入した。

最近巷の男性が、ワンショルダーのバッグを使っていて、便利そうだなと思っていた。

土屋鞄のHPを見ていたら素敵なやつがあった。

なかなか、いいお値段でしたが迷っているうちに買ってしまえ!

目をつぶって購入ボタンを押してみた。

土屋鞄「ビークルトリジップボディーバッグ」を購入〜男の最小装備を持ち歩こう

土屋鞄のワンショルダーバッグ

マストな小物たちを軽やかに背に纏う、男のコンパクトな最小装備。
土屋鞄製造所のHPより

カッコいい!

なんと言っても男のコンパクトな最小装備ってフレーズにしびれた。

色はインディゴを選んだ。

ビンテージオリーブ/内装カーキ、スモーキーブラウン/内装 スモークブラウンとカラー展開している。

わたしの最小アイテム

長財布

こいつが曲者、大きくて尻ポケットにいれると邪魔である。

もう少し増えると、長財布・本。

もし少し増えると長財布・本・iPad Pro

こんな感じ。

使った感想

非常に軽快で動きやすい。

ショルダーバッグを、袈裟懸けにするより軽快である。

バイクに乗る時にも活躍しそうである。

へたにショルダーとかにすると、物を入れ過ぎて重くなって肩がこってしまう。

まだ肩の革が馴染んでないので、体から少し浮いてしまうが、ほとんど気にならない。

大切に長く使って、革の変化を楽しみたいと思っている。

皮はそれが楽しみである。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山充
    “二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト”
    ・社員との関係が上手くいかない・先代と意見が合わない・財務の事がわからない・自分のやっている事に自信が持てない・そもそも経営していても楽しくない・誰かに相談したいけど誰もいない
    全部わたしが20年間後継者として悩み、困ってきた事です。それらを解決する突破口は「やり方」に問題があるのではなく、まずは「あり方」を整える事でした。同じようなお悩みをもつ後継者社長さん、ご興味があれば是非ともお問い合わせください。まずはお話を伺います。

    二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト/バイカー/ソロキャンパー/ビリーフリセット協会®︎認定カウンセラー/株式会社はるやま代表取締役/1977年創業錦糸町ろばた焼き海賊経営

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。