ネット詐欺

実は私、ネット詐欺にあいました。

あるサイトで「貴重品ロッカー」なる、風呂屋においてあるようなやつを注文しました。

↑こんなやつです。

サイトもきちんと作り込んでいて、とてもキレイです。

注文したらすぐに、自動返信ながらメールが来て、なんかしっかりしている風です。

その後すぐに、振込先が書いてあるメールが来ました。

振込先が個人名義だったんですが。

なんか日本語も変だったですが。

振込んでしまいました。

普段だったら、こんな怪しい口座に振り込まないのに、魔が差すとはこの事ですね。

商品来ません。

メール出しても返信ありません。

連絡先の電話番号が書いてあったのですが、一桁足りません。

やられた、、、。

1万4千円。

Amazonとかより、安く販売していたのです。

振込先銀行に問い合わせたら「その口座は凍結されてますね。警察に被害届を出すのをオススメします。」と優しく教えてくれました。

被害届けはだしましたが、返金されるのでしょうか。

いい勉強になりました。

再びやらかしそうに

某商品をネットにて注文しました。

海外に本社がある会社でした。

PayPalが間に入っているし、大丈夫かなと思って購入しました。

なかなか商品が届かないので、かなり焦りましたが、結果的には届きました。

しかし、対応があまり良くなかったです。

誰から買うか

友人である、北海道のお菓子屋さんが書いたブログに触発されて、このブログを書いています。

今の世の中、物が溢れてます。

流通も発達して、東京にいて世界中の物が買えます。

Amazonなんかに頼んでしまえば、手に入らないもが無いと言っても過言でないほど、検索すればなんでも出てきます。

売り手も買い手も、お互い顔を見ないで売買が完了できるのは、Amazonとか楽天とかいうブランドに、信用があるから。

私たちは信頼されているか

私は店舗を構えて、地域密着で仕事をさせてもらってます。

おかげさまで40年錦糸町で商売させてもらっているので、信用はあるはずです。

居酒屋は、わたしの店の周りにもたくさんあります。

ビールも料理も、うちでなくては食べれないものはありません。

では、なぜにお客様が、うちを選んでくださっているのか。

「信頼」できる人が提供する商品・サービスを、買いに来ているはずです。

お客様は「海賊」を信用して、そこで働く人を「信頼」して「物」ではなくて、「事」を買いにきているのだと思います。

わたしは今の世の中、ほとんどの業種業態がサービス業だと思っています。

ITの発達で、淘汰されていく職業もあるそうです。

そんな世の中ですから、今後更に「誰から買うか」という事が重要視されてくるはずです。

これからも、社員のみんなと価値観を共有して。

お客様に向かって、しっかりと「信頼」という付加価値を売っていこうと思ってます。

 

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら