エニアグラムというのはなんとなくは知っていました。

本を読むまでは、正直もっと単純な性格判断のようなものかと思っていましたが、とても深い内容に驚きました。

帯にも「ビジネスの相手選びから恋愛の相性までわかってしまう、古代ギリシャから伝わる驚異の性格タイプ分析、決定版!」なんて書いてあるし。

しかし、本を読んでそんな単純なものではなくとても深いものだと知りました。

エニアグラムは、自分でもわかっていない自分を知ったり、他人を理解する為の手がかりとして有効なものではないかと感じました。

エニアグラムってなんだ

本を一回読んだだけなので、まだまだ全然理解できていません。

ざっくり言えば人の性格をタイプ1〜9までに分類する。

それぞれのタイプもどっちよりのタイプ何、そして精神的に健全な状態にあるかなど、ヨコとタテで展開しています。

なので、単純にタイプを分類するのは難しそうです。

自分のタイプは?

後半の分類テストをやってみた結果「タイプ6的要素をもっている可能性が高いでしょう」とでました。

タイプ6は「忠実な人」だそうです。

真剣に関わる、安全志向のタイプ:人を引きつける。責任感が強い。不安、疑いをもつ。

細かい解説は抜きにしてそんなタイプだそうです。

確かにわたしはいつも不安を感じていますし、自分に自身が持てません。

人が自信満々でいるように見えて羨ましくて仕方ない時もあります。

そして、まだ起きていないことにまで不安を感じて、その割には行動できないので、余計に不安になるという堂々巡りをしています。

そして、自分が人からどうみられているのか、嫌われないかなど人目をとても気にします。

そんなことで生き難いと感じてしまう事も多々あります。

この本を読んで良かった事は、自分の悩みが自分1人だけのものではないと言うことがわかった事です。

自分がもつ不安であったり、自分が生き難いと感じている事は考え方の癖なんだと。

開き直るではなく、それを受け入れて対策していけば、自分にもいいところがあるんだと思えました。

健全な状態になれば欠点が長所に変われる事が出来るのだと。

同時に、エニアグラムを学び自分を知れば、他人も同じように知る事ができるのではないかと思いました。

最後に

わたしは社長という立場にあります。

いつもなんで、この社員はわたしの言う事を実行してくれないのだろう、協力してくれないのだろうと思い、説得をしようとしてしまいます。

もちろん上手くいった事はとても少ないです。

考え方の癖が違うのに上手くいく訳はないですね。

説得するのではなくタイプの違いを学んで、受け入れて、協力できるように働きかけられるようになりたいと思いました。

この本はまだまだ基礎編。

もっと奥が深いのかー。

エニアグラム―あなたを知る9つのタイプ 基礎編 (海外シリーズ)
ドン・リチャード リソ ラス ハドソン
角川書店
売り上げランキング: 18,999

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら