本田健さんとバシャール(ダリル・アンカ)との対談形式。

  • 本田健さんは、経営コンサルティング会社など複数の会社を経営する「お金の専門家」
  • バシャールは、地球の時間で3000年後の惑星・エササニの次元的な存在。
  • ダリル・アンカはバシャールとの合意のもと、1984年以来、世界各地でチャネルとして活躍。

未来は、えらべる!から引用

ちょっと設定と、文章に抵抗を感じて、最初のうちは、うまく頭に入りませんでした。

読み進めていくうちに、段々と面白くなってきた本です。

内容

全5章からなる構成です。

第1章:大好きな事の見つけ方、ワクワクの方法

第2章:運命は、変えられる

第3章:お金と豊かさについて

第4章:ソウルメイトとコミュニケーションについて

第5章:私たちの未来、分離して行くリアリティ、2012年

こんな構成です。

全体的にばシャールはこう語りかけてきます。

ポジティブなこともネガティブなことも、あなたが「本当に信じていること」が、実現するのだ。

情熱的に「ワクワク」する事をやりなさいと。

情熱的にワクワクをやれば、それが現実のものとなると。

そうは言っても、今現在、それが出来ないから困っている訳で。

なんで出来ていないのだろう。

ここでも出てきました、思い込み(ビリーフ)

そうは言ってもなかなかそう出来ない。

実現を邪魔するネガティブな、観念・思い込みに気がついて、手放さなくはならないと言っています。

こんなネガティブな観念を持ってと気が付けば、その観念を、あなたはもう手放しているのです。その観念を、もう信じていないのです。

ネガティブな観念はみつけられないように、様々なトリックを使って身を隠す。

「実際の構造」を知ることが、とても大事であると言っています。

知るという事は、観念のそとに出た事になるので、観念をコントロールする事が出来る。

なるほどね。

バシャールに言われると簡単な事のようにも思えます。

うーん。

実際の構造を知るね、、。

お金に関する事

本当の豊かさとは「やりたいことを、やりたい時に、やれる能力」

ここでも、ネガティブな観念にとらわれていると、バシャールはいいます。

お金を「持っている」か「持っていないか」だけの「静的」な考えはネガティブである。

本当の豊かさとは「動的」「動ける能力」であると解説しています。

お金で成功している人は「お金のお百姓さん」のような人だといえる。
お金を育て、お金を使い、お金を流し、そして更にお金を育てる。

この「動的」なサイクルを回して、楽しんでお金と付き合うべきだ。

お金に関しては、こんな風に解説しています。

これは面白い考え方。

こんな風にお金を考えた事がなかった。

お金に対する態度が間違っている人は、種をまかないお百姓さんのようなものだと。

なるほど。

これは参考になりました。

まとめ

最後の方は、面白くなってきたといっても、やはり今ひとつ頭に入ってこない。

なんでだろう。

言い回しかな。

それはさておき。

「こうして思考は現実となる」がナビのスイッチの入れ方を書いてある本なら、

この本は、目標に向かう為の方向を実際に示してくれる、ナビ本体のようなものかな。

別れ道があった時に、こっちに進みなさいよと教えてくれる。

その道しるべが

「ワクワクすること」

そんな事を感じました。

未来は、えらべる!はこちら

未来は、えらべる! (VOICE新書)

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら