STETSON(ステットソン)東京・馬喰町に直営店がオープン!〜目眩がするほどカッコイイ帽子屋さん

近所に新しいお店ができていました。

帽子屋さんであるようなのですが、今ひとつハッキリしません。

ネットで調べてみたところ、アメリカ発で150年の歴史をほこる、老舗の帽子屋さんであることが判明。

STETSON(ステットソン) 1865年、John B. Stetson(ジョン・ビー・ステットソン)が、フィラデルフィアで設立。 丈夫で長持ちするウエスタンハットを西へ送り込み、瞬く間にアメリカン・ウエストのアイコンとして認知され西部開拓者にとって欠かせないアイテムの1つとなり、現在でもウエスタンハットの代名詞的ブランドとしてカウボーイ達から絶大なる支持を得ている。 ステットソン・ハットは、時代が変わっても、適度にトレンドを取り入れながらも、決して品質を落とさない真摯な物づくりを行い、アメリカだけでなく、世界の紳士から支持を集める。 ジョニーデップやボノなどのハリウッドスターや著名人、日本では、昭和天皇や吉田茂が愛用していた。
THE SELECTIONより引用

ガラス張りのものすごくカッコいいお店です。

気にはなっていたのですが、カッコよすぎて敷居が高くて入店する勇気がなかなか出ません。

勇気をだして入店してきました。

馬喰町に出来たカッコいい帽子屋さん。

ステットソンの紹介です。

外観

ガラスに映り込みがあって見にくいですね。

看板もカッコいい。

店内

店内にはたくさんの帽子がならんでいました。

帽子屋さんなんだから、あたり前か。

ルーツであるウエスタンハットもありました。

気さくな店長さん。

ツーショットをお願いしたら快く応じてくれました。

この日買った帽子

カッコイイ!羽根が洒落てます。

わたし帽子が似合わないと思っています

帽子をカッコよく被っている人をみると羨ましくてしょうがない。

「わたしも帽子をカッコよくかぶりたい」といつも思っていました。

そして帽子屋さんに行っては試しに被ってみたりしていました。

「似合わない、、」

こんな事を繰り替えしていました。

ある日気がついた

自意識過剰だったと。

似合うか似合わないかなんて、他人さまはたいして気にしていません。

事実、自分だって人のことなんて気にしていませんもの。

人の目なんて気にしないで帽子をかぶりたければ被ればいいのです。

そんな風に開きなおってみたらなんのことはない。

逆に「帽子似合いますね」なんて褒められてみたりした。

そんなものです。

再来店

もうすこしカジュアルな帽子が欲しくなり、再びお店に行ってきました。

そうしたらなんと1月もなかばというのに福袋をやっていました。

わたし福袋って全く興味がなく、福袋の魅力がわからないでいました。

がしかし!この福袋にて福袋に興奮する人の気持ちがわかってしまいました。

なんと普通で買ったら2万円以上する帽子におまけしてカジュアルな帽子が2つもついています。

そしてお値段1万円!

これはお得すぎる!!

あまりのお得感に思わず2つも買ってしまいました。

写真だとわかり難いですが、違う帽子なのです。

ホクホク顔で家に帰ってきましたが、写真を撮りながら冷静に考えてしまいました。

「こんなに買って頭1つしかないのにどんすんだろう、、。」

「断捨離はどこにいってしまったのだろう、、。」

まっ、でも、いいのです!

楽しく買い物出来たので”よし”としました。

まとめ

入ろうとかな、どうしようかな。

こんな事を何回も繰り返していました。

気後れしているのがバカバカしくなり、エイッと入店しました。

入ってみたらなんの事はない。

気さくな店長さんが色々と話しを聞かせてくれました。

こんな事ばかりです。

やりたい事は気負わずにやってしまったほうがいいのですね。

帽子屋さんに入店しただけですが、こんな気づきがありました。

大袈裟で失礼しました。

馬喰町のカッコいい帽子屋さん「ステットソン」の紹介でした。

次はベージュ系の帽子が欲しいな。

(物欲がとまらない)

お店情報

John B.STETSON&Co

住所:中央区馬喰町2-3-3 ファッションフェイスビル1F

電話:03・5652・5890

営業時間:11:00~19:00

定休日:水・木(祝日の場合は営業)

公式HPはこちら

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)