どうしても朝はランニングに出るのがだるい。

わたしの脳みそは、走りにいかなくなてもいい理由を見つけてくる。

なんだかんだとなかなか策士である。

そこで、今日はいきなりランニングウェアに着替えてみた。

それから1日の予定を確認してからランニングに出発。

これはなかなか上手くいった。

しばらくこの手で脳みそを騙してみるか。

ランニング

3/26の裸足ランニング

▼ 8.13km

最初は5kmコースでいこうと思っていたが、気持ちよく走れていたので8kmコースに突入。

お花見も出来たしなかなか良い。

使っているアプリ

Nike+ Run Club

無料
(2018.01.19時点)
posted with ポチレバ

今日走るのに意識したこと

  • 脱力する
  • タイムを気にしない

ここのところ気持ちよくランニングが出来ていなかった。

フォームとかタイムとかを気にしすぎていて変に力んでいたに違いない。

なので今日は,脱力を意識して走ってみた。

足で走るのではなく、上半身の動きに足がついてくるような感覚で、タイムとかも全く気にしないで、自分が走りたいペースで楽に楽にと。

すると面白い事に上半身、特に肩甲骨が緩んでいい感じのリズムで楽しく走ることが出来た。

まとめ

最近、右膝の痛みも出ていた。

そんな事もあって余計に走りにいくのに消極的になっていたと思う。

痛みが出るという事は改善点があるよと、体が教えてくれているに違いない。

不思議なもので、気持ちよく走れたなーっと思う時は、痛みもないし、後からタイムを確認するといいタイムが出ている。

気持ちいい感覚の再現性をあげていけるようにしていこう。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら