【ろばた焼き屋社長の裸足ランニング日記】〜今朝は脱力を意識して走ってみた

どうしても朝はランニングに出るのがだるい。

わたしの脳みそは、走りにいかなくなてもいい理由を見つけてくる。

なんだかんだとなかなか策士である。

そこで、今日はいきなりランニングウェアに着替えてみた。

それから1日の予定を確認してからランニングに出発。

これはなかなか上手くいった。

しばらくこの手で脳みそを騙してみるか。

ランニング

3/26の裸足ランニング

▼ 8.13km

最初は5kmコースでいこうと思っていたが、気持ちよく走れていたので8kmコースに突入。

お花見も出来たしなかなか良い。

使っているアプリ

Nike+ Run Club

無料
(2018.01.19時点)
posted with ポチレバ

今日走るのに意識したこと

  • 脱力する
  • タイムを気にしない

ここのところ気持ちよくランニングが出来ていなかった。

フォームとかタイムとかを気にしすぎていて変に力んでいたに違いない。

なので今日は,脱力を意識して走ってみた。

足で走るのではなく、上半身の動きに足がついてくるような感覚で、タイムとかも全く気にしないで、自分が走りたいペースで楽に楽にと。

すると面白い事に上半身、特に肩甲骨が緩んでいい感じのリズムで楽しく走ることが出来た。

まとめ

最近、右膝の痛みも出ていた。

そんな事もあって余計に走りにいくのに消極的になっていたと思う。

痛みが出るという事は改善点があるよと、体が教えてくれているに違いない。

不思議なもので、気持ちよく走れたなーっと思う時は、痛みもないし、後からタイムを確認するといいタイムが出ている。

気持ちいい感覚の再現性をあげていけるようにしていこう。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山充
    “二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト”
    ・社員との関係が上手くいかない・先代と意見が合わない・財務の事がわからない・自分のやっている事に自信が持てない・そもそも経営していても楽しくない・誰かに相談したいけど誰もいない
    全部わたしが20年間後継者として悩み、困ってきた事です。それらを解決する突破口は「やり方」に問題があるのではなく、まずは「あり方」を整える事でした。同じようなお悩みをもつ後継者社長さん、ご興味があれば是非ともお問い合わせください。まずはお話を伺います。

    二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト/バイカー/ソロキャンパー/ビリーフリセット協会®︎認定カウンセラー/株式会社はるやま代表取締役/1977年創業錦糸町ろばた焼き海賊経営

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。