3/5のお魚達のご紹介【ろばた焼き海賊】

3/5のお魚達のご紹介。

どれも新鮮で美味しいお魚たちですよ。

上から順番にご紹介していきます。

ヒラスズキ

スズキといってもスズキの仲間ではない。

スズキと旬が真逆で秋〜冬にかけてが旬となってる。スズキが淡水魚に似た独特の臭みがあるのに対して、ヒラスズキはまったく臭みがない。

煮ても、焼いても美味しく、料理法を選ばない。

生にしん

北海道では春告魚(はるつげうお)とも呼ばれて、2月頃が漁の真っ盛り。

にしんは臭みがなく、脂乗りがよいです。

煮ても、焼いても美味しいが、やはりシンプルに塩焼きがおすすめ。

生いわし

昔から、日本の食卓の味方。

鮮度が落ちるのが早く、流通が発達する前は下魚とされていたが、最近ではやや高値で取引されるようになっている。

いわしも煮ても、焼いても美味しい。

以上、お魚たちのご紹介でした。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山充
    “二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト”
    ・社員との関係が上手くいかない・先代と意見が合わない・財務の事がわからない・自分のやっている事に自信が持てない・そもそも経営していても楽しくない・誰かに相談したいけど誰もいない
    全部わたしが20年間後継者として悩み、困ってきた事です。それらを解決する突破口は「やり方」に問題があるのではなく、まずは「あり方」を整える事でした。同じようなお悩みをもつ後継者社長さん、ご興味があれば是非ともお問い合わせください。まずはお話を伺います。

    二代目、三代目社長のお悩み解決スペシャリスト/バイカー/ソロキャンパー/ビリーフリセット協会®︎認定カウンセラー/株式会社はるやま代表取締役/1977年創業錦糸町ろばた焼き海賊経営

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。