『富士山マラソンをルナサンダルで完走!』

河口湖から富士山

第6回富士山マラソンに参加して来ました。

4年連続で出場です。

走った感想です。

いきなり結果から

やりました!

ルナサンダルで4時間切り!

3時間57分49秒

サブ4ってやつです。

今年は、色々と練習を積んで臨みました。

努力が報われるたかなと。

アップダウンが厳しい富士山マラソン。

サンダルでサブ4なので十分すぎる成果。

18km地点

陸連登録とかしてみたので「Aグループ」

最前列のグループからスタート出来る。

最前列からスタート出来ると、走りやすいですね。

自分のペースを守る事が出来ました。

ところが

27kmあたりから失速!

「ここは足を休ませて」

なんて思っていたら、どんどんペースが遅くなっていく。

天の助け、目標タイム4時間のペーサーさん達に追いつかれた。

これはヤバイ!と最後まで食らいついて行き、サブ4達成です。

ペーサー様のおかげです。

声掛け

声掛け重要です。

ペーサーさん達を中心にして集団が出来ている。

その集団に要所要所で、声を掛けてくれる。

「後、5km!ここキツイけど頑張って!」

「行ける行ける!」

とか声掛けしてくれた。

それに答えて、自分も声を出す。

これが結構励みになりました。

仕事でも重要なんて思ったりしてた。

ゴールした感想

「ふーん」

て感じです。

なんか達成感とかなくてつまらない。

なんでだろう。

あんなにハードなコースで自己記録更新したのに、、、。

あんなに練習したのに、、、。

うーん。

ゆっくり考えてみます。

富士山は物凄くきれいだった。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。