嘘を愛する女【映画感想】

長澤まさみ、主演の「嘘を愛する女」を観てきた。

監督は、数多くのCMを手がけている中江和仁さん

映画は初挑戦だそうです。

洒落た感じの映像はCMディレクターさんだからだろうか。

テンポよく観れたので、あっという間の120分だった。

あらすじ

長澤まさみ演じる、川原由加利はバリバリのキャリアウーマン。

高橋一生演じる、小出桔平と同棲して5年。

桔平がくも膜下出血で倒れたところから、全てが偽造だったことが発覚。

桔平の過去をさがす旅にでる。

こんな感じ。

一緒にさがす探偵を演じる吉田鋼太郎せんがいい味だしてた。

感想

人間なにが大事なのだろう。

目の前の仕事に没頭するのもいい。

でも人は1人では生きていけない。

人と人がつながって初めて、輪になる。

いつも一緒にいる人は、いるのが「あたりまえ」になってしまう。

「あたりまえ」の反対語は「ありがたい」

「ありえない」ご縁で出会ったのだから「ありがたい」と実感して大切にしていかないと。

「ありがたい」が日常になると、いつのまにか自分中心の考えになってしまう。

やってもらって「あたりまえ」

いるのが「あたりまえ」

そんな関係になってしまう。

いつでも「ありがたい」を感じて、口にだして、形にして、相手に伝えないといけない。

妻にも子供にも社員にも、ご縁がある全ての人達に「ありがとう」と伝えないとね。

そんな事を思った映画。

瀬戸内に沈む夕日がキレイだったなー。

公式HPはこちら

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。