ひさしぶりにローンというやつを申し込んでみた。金利が12回まで0%だけどどこが負担するのだろう。

妻のmacが水没した。

彼女もブロガーである。

彼女の独特な目線で書かれている文章がすきだ。

是非ともブログをもっと書いてもらいたいと思っている。

なので、彼女のブログ環境をととのえるべく、わたしが新しいMacBook Proを買った。

なんてね。

理由つけて自分が新しいmacが欲しいだけでしょ。

そのとーり。正解。

Appleの提携ローン

オリエントと組んで12回まで金利0%で分割してくれる。

もちろん審査が通ったら。

まずApple Storeで欲しいものを注文する。

そのときに「ローン」を選ぶ。

すると、ローン会社からメールがくる。

そこで必要事項を入力すると、審査が開始。

翌日に審査が通ったか否かを確認できるメールが届く。

そこで確認して以上。

以前のように、用紙に個人情報や引き落とし銀行口座を記入する必要がまったくない。

便利な世のなかになったもんだ。

無事に審査通った。

審査通らなかったら落ち込むだろうな。

一応社長だし、、。

カードの支払いも滞納したことないし。

まっとうに生きてきて、PCのローンが通らなかったら、自分の存在じたい疑うよ。

まとめ

ローンを組むなんて、車を買うとき以外にあまりしたことがない。

折角、Appleさんが書いやすいようにしてくれているので乗ってみた。

金利0%はありがたい。

しかし、金利はどこの負担になるのだろう。

ローン会社は金利で儲けているはずだから、ローン会社は負担しないよな。

Appleが負担するとしたら、金利分を負担しても利益が出る体質であるということだよな。

うーん。

気になる。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。