錦糸町の小さなお店「ろばた焼き海賊」の社長が銀行さんをえこひいき。

錦糸町の小さなお店「ろばた焼き海賊」では、お客様をえこひいきてしてファンになって貰っている。

社員はお客様をえこひいきして、お客様満足を高めてファンにしてなってもらってる。

社長は、社長で銀行さんをえこひいきして、ファンになってもらおう。

銀行の担当さんとのお付き合い

小さなお店ながら、銀行との付き合いはある。

当然、営業担当がつく。

定期的に銀行訪問するなど、普段から距離を近くする。

お店で社員がお客様にやっている事。

社長にとって銀行さんは、ある意味お客様。

協力してほしいので、普段からいい事も悪い事も報告して信用を築いておかないと。

銀行の担当さんが異動になった

お世話になった担当さんに、感謝の意をこめて。

お花を送らせていただいた。

わざわざお礼の電話が来た。

お礼を期待していたわけではないけど、ありがたいな。

まとめ

世の中人間関係で成り立っている。

銀行さんだって人間。

普段お付き合いがないのに、困ったときに飛び込んできても信用がない。

普段からお付き合いして、信用を築いておくことが重要。

わたしも、うちのお店も信用を売れるようにしていこう。

それがブランディングなのではないか。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。