『裸足でフルマソン記録保持者の高岡尚司さんのワークショップに参加してきました』

芝生のアップ

裸足で2時間45分39秒という記録をもつ、高岡尚司さんの、ワークショップに参加してきました。

高岡さんは、ご自身が故障に悩まされた結果。

「そもそも人間本来の走りとは?」

という疑問からゼロベースランニングというメソッドを編み出した人。

ランニング足袋のプロデュースなどしていて、興味津々で出かけて行きました。

ゼロベースランニングとは

人間本来の走りとはなにか。

日本人の体型にあった上半身の使い方。

理想的な姿勢。

足のつき方などを、いままでの常識から離れて、

「ゼロベースで始めましょう」

ということだそうです。

セッションの流れ

前半は身体の使い方を学ぶ、さまざまなドリルをやります。

とにかく身体の前面を使いすぎている。

お腹をゆるめて、背面を使うという意識を持つドリル。

足運びを学ぶドリルなどを解説つきで60分ほど。

後半は動画を撮影して、個別にアドバイス。

不自然なほど胸を張るようにアドバイスされた。

えーーっと思ったが、動画をみると全く不自然な感じでは無い。

動画で自分の走りを見るのは初めてなのでとっても参考になった。

全然自分がイメージしているフォームとは違ったの。

自分のことはわかっていないと実感しました。

まとめ

高岡さんも自身のHPで書いています。

ゼロベースランニングは

「誰でも簡単に」 「わかりやすく」 「すぐに効果が出る」

というメソッドではありません。

高岡さんのHPより引用

たしかに今日習ったドリルも、ほとんどまともに出来ませんでした。

ただ説明はとても腑に落ちたし、頂いたアドバイスで的確でした。

コツコツとドリルを繰り返して、走りを磨いていこう。

著書はこちら

ゼロベースランニング 走りの常識を変える!  フォームをリセットする!
高岡尚司
実業之日本社
売り上げランキング: 21,674

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。