裸足で皇居ランニングに挑戦してみた事を書きたくなった

皇居は自宅から2.5kmしか離れていないのでよく走りにいく。

皇居までランニングして一周回って帰宅すると約10km。

時間にして1時間くらい掛かる。

裸足でこの距離は自信がなかった。

少しだけ裸足ランのコツがわかった気がしたので今日はチャレンジしてみた。

裸足で走るコツ

まだ的確にシェア出来るほど経験がないです。

現段階で言える事は、

なるべく脱力する。

足の角度をなるべく浅くして、フワッと着く。

足を動かすのではなく、上半身の動きで足が動かす。

後ろに蹴り出さない。

こんなところ。

わたしは左足のつま先の皮が剥けるので、左は変な走り方しているのだろう。

道のり

ゴツゴツした舗装の歩道が多いよ!

大手町に入るまでほとんどの舗装がゴツゴツ系。

痛くてまともに走れない。

ほとんど歩きみたいなスピード。

いつも大手町の辺りから、竹橋に向かって高速の入り口に向かって登っていきます。

高速の入り口あたりから、ずっーと下りの道は本当に痛い!

途中でギブアップしてルナサンダル履いてしまった。

何故に裸足で走るのか

何故と聞かれれば良く分からない。

ミッドフット走法がどうとか。

人間本来の走りがどうとか。

色々と理屈は言えるけど、正直しっくりこない。

1番近い感情は

やってみたいのだー!

知ってみたいのだー!

こんな感じです。

何かを追求するのが好きなようです。

まとめ

ツイッターを見ていたら、裸足ランで物凄い人がいた。

その人が色々と裸足ランのコツをツイートしていてとても参考になった。

わたしの稚拙な裸足ランのツイートをリツイートしてくれた。

わたしの先にも後にも裸足で走りたいという変な人はたくさんいる。

この自分の経験をシェア出来るように、痛い痛い言いながら裸足で走り続けよう。

そんな経験が必ず仕事でも活きるはず。

やったるでー

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。