ナンガ 焚き火ダウンパンツは想像以上に暖かい!

冬は寒い!とにかく寒い。

年々寒さに弱くなっていっている。

バイクを乗るにも、キャンプに行くのも寒さとの戦いである。特に下半身の寒さは耐えがたいものがある。道志の森でのキャンプはまさに寒さとの戦いだった。

今年はあんな戦いは嫌だ!

今年は暖かく過ごしたい!

と思いネットで色々と探してみた。

ワークマンとか最近安くて、使いやすそうなもの出しているよなー。でもちょっと良いなーと思うものは、在庫がなくてイライラすんだよなー。キャンプに行くという事は焚火をするよなー。という事は火の粉で穴が開かないやつが良いよなー。どうせならバイクに乗る時にも使えるやつがいいよなー。そんでもってカッコいいやつの方が気分が上がるよなー。でもカッコいいのって高いんだよなー。

などと、つらつら考えながらネットで調べてみました。

そして、決めました!

ナンガ TAKIBI DOWN PANTS / タキビダウンパンツに決めた!

と勢いよく書いてみたが、実は決めるまでに三日くらい悩んだ。だって結構良い値段するんだもん。お値段33,000円なり。最終的には妻にも相談するへたれぶり。オンラインショップで注文ボタンを押す時には気合が必要だったほどである。

サイズ感は?

注文して二日後に届いた。

色はチャコールを選択。

正面
後ろ
ポケットが大きく開く

早速履いてみる。

オーバーパンツで履く予定だったので、Lサイズにした。

因みにわたしは、身長170cm 体重64キロ。デニムの上から履いている。

うーん。すこし大きかったか。Mでも良かったかも。でもゆったりしているのも悪くないか。

実際に履いてみて

ものすごく暖かい!部屋の中で履いていると暑いくらいである。

娘を小学校に送るのに履いてみた。

気温は3°C、デニムの上に焚火パンツを履いて自転車に乗ってみた。

全然寒くない!

暖かすぎて、タキビパンツを履いていない部分の寒さが際立つほどである。

これは最強かもしれない!

キャンプに行くのが楽しみである。

実際にキャンプで使ってみたら、また使用感を書きたいと思う。

本日は以上です。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。