道志の森キャンプ場に行ってきた〜サーカスTCで初めての冬キャンプ 

冬のキャンプに初挑戦してきました。

場所は山梨県 道志の森キャンプ場。

このキャンプ場は特に予約など必要ありません。

思いつきで行って、テント張って管理人さんに料金を払えばいいシステム。

料金など詳しく紹介されているブログがたくさんあるので、わたしは特に詳しく紹介しませんが、わたしは車で一人で行って一泊1,500円でした。

冬はトイレが使えなかったり、凍結防止で水場が使えなかったり不便ですが、その分人が少なくて良いです。

管理人さんが集金に来てくれました。

管理棟に持参すると割引もあるようです。

初めての冬キャンプ

わたしハッキリと言ってビビリです。

なにか行動を起こす前に「あーだったとどうしよう。こうだったらどうしよう」とあーだこーだとウジウジと悩むタイプ。

そんな性格なので冬のキャンプも相当色々と悩んでようやく挑戦です。

案ずるより産むが易し。

まさにこれ。

いつでもそうです。

行ってしまえばなんとかなるのです。

ウジウジ考えていないでやってしまえば大抵の事はなんとかなってしまうのです。

でもウジウジと考えてしまうんですよね。

そして雪が残るなかテント張って、焚き火して、肉焼いて。

楽しかった。

一人というのがまた良い。

そりゃ、足下の防寒が甘くて底冷えがして大変だったとか色々と改善点はあったけど基本的に問題なし。

問題なく一晩過ごす事が出来ました。

今回のハイライト

寝袋に包まってあたたかくして寝ていました。

そうは言っても自宅とは違います。

ゆっくりとは眠れません。

元々わたしは枕が変わると眠れないタチですし。

ゆっくりと寝ていたかったのですが、4時過ぎには諦めて起き出しました。

そして外に出てみると夜空に東京ではお目にかかれないような満天の星。

星空をみて一番に思ったこと。

「子供達に見せてあげたい」

一人が良いと書きましたが、こういう時は思考がすっかりお父さんになるんだなー。

寒いので急いで火を起こして焚き火をしながら星空を見上げる。

とっても良かったー。

足下が寒過ぎて「感動したーー」とはまではいけなかったけど。

足下の防寒大切。

ちなみに6時に最低気温-1°でした。

という訳で

初めての冬キャンプは楽しく過ごせました。

2月3日の節分から2月4日の立春にかけて自然の中で過ごせたというのもとっても良かった。

なんか占いによるとわたしは今年と来年はとっても運気が上がる年らしく、その変わり目が2月4日なんですよね。

そんな事を思いながら本日は以上です。

テントの撤収をしながら次のキャンプはどこに行こうなどと考えています。

すぐにキャンプに行きたくなるんだよな。

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。