ソロキャンプ DDハンモックで一夜を過ごしてみた〜気仙沼 御崎野営場

宮城県気仙沼、唐桑半島の先端にある御崎野営場に行ってきた。

今回は完全に一人である。

HPには松林の中の閑静なキャンプ場とあったので期待していったが、残念ながら近くで建物を建設中で夕方まで騒がしかったし、奥に人が住んでいるのか何かの施設かわからないが、キャンプ場の脇の道は、夜遅くから早朝まで車通りがあり、閑静とはちょっといえなかった。そんな事を知らないわたしは、道のすぐ脇に場所を陣取った。

ちと騒がしい。

朝4時に新聞配達のバイクが通ってびっくりした。

なんという事もあったけど、一人でキャンプをして焚き火が出来れば基本的にどうでもよい。どうせ深夜は静かになるし。

結果的に楽しく過ごしてきた。

施設

炊事場が二箇所もあるし、トイレもそれなりにキレイ。

管理棟には、焚き火、食料品などの販売やキャンプ用品のレンタルなどはない。

ゴミは持ち帰る。

管理人さんは常駐しない。夜は帰っていった。

キャンプサイトは全体的になだらかな傾斜になっている。

平なところを見つけてテントを張らないと、寝ている間にずるずると落ちてしまいそうだ。

ちなみにサイトの利用料は一泊450円。トイレも炊事場もあってこんなに安くていいんですか?と言いたくなる。とってもありがたい。

初めてのハンモック泊

わたしは、道路脇の木に挟まれている場所を確保して、今回はハンモック泊に初挑戦。

憧れていたのよね。ハンモック泊に。テントを使わないでハンモックだけで寝るなんて、野宿って感じでカッコいい。

でも正直に言えば、外でダイレクトに寝るのってちょっと怖いので、内心ドキドキでもあったりする。

こんな感じに張った。

この画像を見て思ったんだけど、ハンモックが平行に吊られていないな。

向かって左を足にして寝たのだけど、なんか足の方に落ちると思っていたのだけど、こういう事か。次回はキチンと平行を意識する事にしよう。

ちなみに今回持っていった道具はこんな感じ。

真ん中に写ってるいるテントは使わなかった。

寝袋がデカイ!デカすぎる!テントよりデカイではないか!

もう少し小さくなる寝袋が欲しい。

ハンモック泊をしてみた感想

ネットなどでは、みなさん寝やすいと書いている。

本当なのー?と思いながらやってみたら本当だった。

地面に直接寝るとマットを引いても、わたしは腰とか肩が痛くなってしまう。がしかしハンモックは体が痛くならなかった。布だからね。ハンモックに包まれている感じもとっても良かった。ミノムシになったような気分。

ただ一つ難点は、寝袋に入り難い!

ゆらゆらしてベストポジションになかなか落ち着かない。

なんかいい方法はないかとYouTubeを探してみた。

あった。

こんな動画があるという事は、みんな苦労しているのね。

と色々と試行錯誤しながらだが、初めてのハンモック泊は無事に眠れた。

星がキレイに見えた。

この写真はiPhone12 Pro Maxで撮影した。

手持ちで星空が撮影できるって、、。

すごすぎる。

本日は以上です。

こっそり感想を送信する

    こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

    この記事を書いた人

    春山 充

    1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営する2代目社長。会社運営の悩みから、心理を学ぶようになり、現在は居酒屋経営と共にカウンセラー/コンサルタントとして活動しています。
    株式会社はるやま代表取締役/ビリーフリセット ®︎協会認定カウンセラー/社会の風通しをよくする/居酒屋の働き方をかえる

    なお発言はわたし個人の見解であり、特定の団体を代表するものではなく、また、特定の個人や団体を批判・誹謗中傷するものでもありません。