あまりの寒いので、久しぶりにファイブフィンガーズで走りました。

裸足で走るのは寒い。

痛い上に、寒いが重なると走りに行かなくなりそう。

今日は、ファイブフィンガーズを履いてランニングに行く事にしました。

久しぶりに走った感想と、改めてビブラムファイブフィンガーズを紹介しましょう。

ビブラム・ファイブフィンガーズ

最近ではすっかりとお散歩靴と化していました。

改めてご紹介すると。

クッションがほとんどなく、5本指に分かれていて、裏にビブラム社の薄いソールが貼ってあるだけの靴です。

ビブラムソールとは

ヴィブラムはイタリアのソールブランドです。

1935年、創立者ヴィターレ・ブラマニー(VITALE BRAMANI)が初めて登山靴用のソールを発明し、その2年後の1937年にヴィブラムソールは誕生しました。

今日では機能性に優れ、デザイン性が高いソールとして、ブーツやスニーカー、サンダルなど様々な靴の靴底として利用されています。

ビブラムソールの公認販売サイト、コルノより引用
http://corno-shoes.com/

詳しく歴史が書いてありました。

ビブラムの歴史
http://corno-shoes.com/156.html

登山靴のソールから始まっているのですね。

そういえば、昔持っていた登山靴の裏にビブラムの黄色いマークがあったのを思い出しました。

ビブラム・ファイブフィンガーズ

ビブラムファイブフィンガーズは、私たちの足、ひいては身体の“ありのまま”の姿を教えてくれる新しい靴です。

ビブラムファイブフィンガーズのHPより
https://www.barefootinc.jp/concept

ありのままってなによ

こちらに全文が載っております。

初めて履いた時の感想

初めて履いた走った時は、爽快感で感動いたしました。

純粋に走るのが楽しい!

走り方がどうとかではなく、ただただ足が軽かったのを覚えています。

楽しくてオーバーペースで走ってしまい、フクラハギをやってしまうというオチ付きですが。

そして本日履いてみて

裸足より足の裏は当然痛くない。

快調に走ってさぞかしタイムをいいだろう思ってました。

なんと!

裸足でよりは、もちろんいいペースだけど体感で思っているより早くない。

足の裏が痛くない分、足を叩きつけるように走ってしまい、普段より足にダメージがある。

本日のランニング

裸足でランニング

まとめ

なんだか、意外な結果となりました。

そして裸足で足の裏が痛くないようになりたい。

なにか、新しい世界が見えるかも!

ちなみにわたしが履いているモデルはこちら。

ビブラムファイブフィンガーズの輸入代理店HPはこちら

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら