月に1度、社員全員と個人面談をしている。

なんだかんだで、こちらも2年近くやってるかな。

最初の頃はキツかった、、。

5分間の傾聴

話題は仕事の事でも、プライベートな事でも何でもオッケー。

わたしは相づちうつくらいで、黙って聴く。

ルールはこれだけ。

いまでこそ、社員との距離縮まってきたからいいけど、始めた当初は5分間沈黙という事もよくあった。

「何で話さないのだー」

とイライラしてたけど、今にして思えば社長と接点が無いないのに、いきなり話せっていっても、そりゃー無茶ってもんだ。

10分間の和談

これも最初はキツかった。

和談しようにも、5分間沈黙だから話題が無い。

仕事の話しようにも、聞く耳持ってないから話をしようがない。

もちろん、社員とコミニュケーションとっていなかった社長の責任。

始めた当初はここまででお終い。

わたしは、グッタリ。

毎月の面談が憂鬱だった。

わたしが憂鬱なんだから、社員はもっと憂鬱だったろうな。

よく続けられたもんだ。

現在はここからもう2つ。

評価シートによる個人評価

評価面談シートというのがあって、評価項目が決まっていて、1〜4までで評価をする。

そして半期の合計点で評価を決め、ボーナスに連動させる。

詳しく書かないけど、社員からは概ね評判がいい制度。

ミニテスト

経営計画手帳を、虫喰いにして穴埋めしてもらう。

8点満点で、平均3点くらいかな。

まとめ

個別に、社員と話せる大切な機会。

今でも若干、苦手意識もあるけど心をフラットにして傾聴するようにしている。

普段見えない事が見えたりする。

これも大切な価値観の共有。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 詳しいプロフィールはこちら