海賊の社長なのに料理を把握していなくて驚いた日〜錦糸町「ろばた焼き海賊」社長 春山の日常 2019/08/03編

暑いですね。

こんな暑い日は子供とプールにでも行きたいところですが、仕事が全然追いついていません。

本来は土曜日はオフにしている日なのですが、午前中は部屋に引きこもって仕事して、夜から海賊へと飲み会へ出かけました。

あー、いつも計画的に仕事をしようと思っているのにいつも押せ押せになってしまいます。

社員には計画的にと言っているのに社長が先頭切って押せ押せです。

改善しないといけませんね。

睡眠

子供を寝かしつけるのベッドに入ったら、そのままわたしも寝てしまいました。

Apple Watchをしないで寝てしまったので計測されていません。

3時間した寝ていないように見えますが、黄色い点線もしっかりと寝ています。

寝起きは悪いないです。

ランニング

事務仕事やらなんやら仕事がたくさんです。

たくさんありすぎて笑ってしまいます。

ここのところそんなことばかり書いていますが、少しずつは片付いてはいます。

仕事はばかりしていても、腐ってしまうので夕方から筋トレとランニングに出掛けました。

まだ肩の調子がよくないので、下半身は腹筋したトレーニングできません。

はやく肩をがよくなってベンチプレスとかやりたいな。

海賊で飲み会

昔からの友人たちと海賊で飲み会です。

そこで出された料理にビックリしました。

なんかグリーンカレー風のものが出てきて、ん?と思って食べてみました。

おおおっ!これはすげー美味い!

早速、料理長に話しを聞きにいくと、牛乳と出汁と京橋屋カレーのスパイスだそうです。

しかも7月のおすすめ料理だったそうです。

なんとこんな美味い料理を出していたのか!

社長がしっかりしていないから、社員がしっかりします。

7月単月で終わりにするのがもったいないくらい美味い。

海賊すげー。

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)