錦糸町・ろばた焼き「海賊」のメニューをリニューアルしました〜創業42年にして初めて気合いいれて作りました

ろばた焼き「海賊」の社長でカウンセラーを目指す春山です。

唐突ですが、海賊のメニューを変えました。

1977年に創業して以来、初めて料理の写真が入っているメニューにしました。

なかなかいいですよ。

写真が入っていると、やはりわかりやすいです。

最近は外国人のお客様も増えてきました。

外国人のお客様からも従業員からも好評なようです。

一部のお客様からは

「チェーン店みたいで海賊らしくない」

という声も出ているようですが、おおむね好評と聞いています。

なぜにメニューを変えたのか

売りにしたい料理をはっきりとさせたかった。

こだわりをメニューに載せたかった。

この2点が理由です。

どの料理が海賊の1番の売りなのか。

どの料理を頼んで欲しいのか。

どんなこだわりがあるのか。

海賊として頼んで欲しい料理を確実に頼んでもらいたい。

売りにしている料理が、1番にお客様に食べてもらいたい料理。

自信のある料理ということです。

ということは、売りにしている料理を食べてもらえるのが1番にお客様満足度があがるのです。

お店もお客様も満足となりますね。

なぜにいままで作ってこなかったのか

必要ないと思っていたから。

当たり前の理由ですみません。

でも本当にそう思っていたのです。

写真入りのメニューなんてチェーン店みたいで嫌だ。

そんな風に思っていたのですね。

そして料理の写真とか撮るとコストがかかります。

コストをかけてメニューをつくるなんて嫌というセコイ理由もありました。

メニューを変えて

写真の効果は抜群です。

売りにしている自慢の料理が確実によく出ます。

海賊の売りは、刺し盛りと日本酒です。

もちろん、ろばた焼き屋なので焼き物も売りですが。

この2つを確実におすすめしたいのです。

席に座ったら

「とりあえず刺し盛り」

と言っていただきたいのです。

錦糸町で刺身と日本酒なら海賊がナンバーワンをとりたいのです。

なのでメニューに写真をいれて全面的におすすめにしました。

とりあえず刺し盛りのと言ってもらえるように仕掛けていきたいです。

メニュー全部掲載です(もし興味があれば全部PDFで見ることができます)

コンサルティングサービス

あなたの会社の土台つくりを、社員との人間関係と経営の両面からサポートして利益が残る会社に変えるコンサルティングサービスです。

こっそり感想を送信する

こっそり感想を送れます。送信された内容は非公開で著者だけに届きます。

この記事を書いた人

春山 充

春山 充

1967年生まれ 東京都豊島区出身 東京で創業昭和54年の、ろばた焼き屋を経営している。軽い気持ちで飲食店を継いだはいいが、社員とのコミニュケーションに悩み、勉強不足で経営も窮地に陥った時期もある。現在は心を入れ替え、社員が安心して働ける会社に成長させようと日々奮闘中。 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)